記事

《日本シリーズ開幕》江本孟紀が激白「巨人の勝機は“セオリー無視”の盗塁采配にあり」屈辱の4タテから1年

2/2

試合の終盤で盗塁を仕掛ける根拠とは

 原監督の戦術について考えてみたい。彼は試合の終盤で盗塁を仕掛けてくることが多いが、その背景にはこんなエピソードがあった。

 今から46年前、東海大相模高の三塁手・原辰徳は、1年生ながらレギュラーとして夏の甲子園に出場していた。このときの対戦相手は、この年の高校球界でビッグスリーと騒がれ、のちに阪神で私と同じ釜の飯を食うことになる、工藤一彦擁する土浦日大だった。

 試合は1対2で東海大相模がリードされたまま、9回裏2アウト一塁という場面になった。するとこのとき、父の原貢監督から「走れ」のサインが出た。負けたら終わりという切羽詰まった状況での盗塁のサインである。セオリーとは明らかに異なるサインに、選手全員が「ええー!?」と仰天したそうだ。

 猛烈なプレッシャーがかかる中だったが、一塁ランナーは二塁を陥れて盗塁に成功した。これに続いたバッターがセンター前にタイムリーヒットを放って同点にして、試合を振り出しに戻したのだ。結果、延長戦となって以後、東海大相模が16回裏に見事、サヨナラ勝ちを収めた。

 このときの勝利に関して原監督は、「盗塁という作戦の威力を知ったことが大きかった」と述懐している。本書の第2章で触れた、広島のスカウト統括部長の苑田さんの弟も「原貢さんの野球は終盤に逆転が多い」と話していたが、その裏にはこうした戦術を用いて、形勢逆転する試合が多かったからなのだろう。

 今から12年前の東京ドームでの楽天戦。4対2で楽天がリードしたまま9回2アウト一塁という場面で、原監督はランナーの矢野謙次に対して盗塁のサインを出したものの、二塁で憤死して試合終了となったことがあった。これに対して、当時の楽天監督だった野村さんは、こう語っていた。

「1点差ならわからないでもないが、矢野が勝手に走ったんじゃないか。普通は監督は走らせないからな」

この場面の盗塁はギャンブルでもなんでもない

 皮肉交じりの弁だが、ランナーが走ってアウトになれば試合終了という場面で、相手バッテリーに「盗塁のサインはない」と考えていたからこそ、原監督はセオリーに反してあえて走らせたのだ。

 それでチャンスを広げられれば、いずれ打開策が見いだせるのではないか。だから、この場面の盗塁はギャンブルでもなんでもないと、原監督は考えていた。

 このときと同じようなシーンは、2019年のシーズンでも見られた。8月24日の東京ドームでのDeNA戦のこと、試合は6対6のまま延長11 回裏の巨人の攻撃を迎えた。先頭の重信慎之介がライト前ヒットで出塁すると、次のバッターとなる田口麗斗に代打を出さずにそのままバッターボックスに立たせた。

 普通、この場面でピッチャーの田口を迎えたならば、DeNAの首脳陣は「バントだ」と判断するだろう。だが、マウンドのエドウィン・エスコバーが初球を投げると、田口はバットを引いてボール。エスコバーがさらに次の1球を田口に投じたタイミングに、重信は二塁へスタートを切った。キャッチャーの嶺井博希からセカンドへの送球はショート側に大きく逸れて、重信は見事に盗塁を決めた。

 この直後、原監督は主審に代打を告げて、田口から石川慎吾へスイッチした。カウント3ボール・2ストライクからエスコバーが投げたストレートをとらえ、ボールは右中間に大きな放物線を描き、石川はプロ入り初となるサヨナラホームランを打つことができたのだ。

セオリーより重信の盗塁を最優先

 実は重信が一塁に出たとき、2つのセオリーがあった。

 1つは「田口をバッターボックスに立たせるのならば、送りバントのサインが出るだろう」という読みがあること。もう1つは「田口を迎えた時点で、石川を代打に送ること」だった。

 どちらも正攻法だが、原監督の対応は違った。田口に送りバントをさせずに、なおかつ石川をすぐには代打に送らなかった。あくまでも重信の盗塁を最優先する作戦であり、それが決まれば次の手を打つ、という方法に出たのである。

 もし石川が仮に凡退したとしても、次に控えていたのは2番の坂本、3番の丸、4番の岡本和真と、一番信頼できるクリーンナップだった。だからこそ、「まずは一塁ランナーを盗塁で二塁へ進めてしまおう」と考えたのだ。

 これが他の監督であれば、おそらくセオリー通りの作戦を進めていたことだろう。盗塁の威力を高校時代にまざまざと見せつけられた原監督だったからこそ、実行できた作戦だったのである。

(江本 孟紀/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「読売巨人軍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。