記事

投手の引退試合は奪三振で終わるべき? 過去の名場面を回顧

ここ数年、プロ野球の引退試合では対戦内容が話題になる。今年は、阪神・藤川球児のラスト登板がクローズアップされた。11月10日の対巨人戦(甲子園球場)、4対0と巨人リードで迎えた9回表、矢野輝弘監督からボールを渡された球児は代打の坂本勇人、中島宏之を空振り三振に仕留め、最後は重信慎之介をセカンドフライに打ち取った。【写真】金田正一、杉浦忠… それぞれの引退試合での投球 このシーンについて、巨人やレッ...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。