記事

投手の引退試合は奪三振で終わるべき? 過去の名場面を回顧

藤川球児は引退試合で代打の坂本勇人を三振に仕留めた(時事通信フォト)

 ここ数年、プロ野球の引退試合では対戦内容が話題になる。今年は、阪神・藤川球児のラスト登板がクローズアップされた。11月10日の対巨人戦(甲子園球場)、4対0と巨人リードで迎えた9回表、矢野輝弘監督からボールを渡された球児は代打の坂本勇人、中島宏之を空振り三振に仕留め、最後は重信慎之介をセカンドフライに打ち取った。

【写真】金田正一、杉浦忠… それぞれの引退試合での投球

 このシーンについて、巨人やレッドソックスなどでプレーした上原浩治氏はYahoo!個人の記事にこう書いた。

〈今回、勇人、中島両選手の空振りには「あうんの呼吸」があったと言われても仕方がない。中島選手が空振り三振に倒れた場面では、テレビ画面に映った球児も苦笑いを浮かべていた。言うまでもなく、球児は超一流の投手だ。自分のストレートの球威、伸びが全盛時と現状でどう違うかは自分が一番わかっている。対戦した打者のスイングの軌道も、当事者同士ではごまかせない。

 球児に限らず、中日の吉見一起投手が11月6日には、ナゴヤドームで打者1人から空振り三振を奪って現役生活にピリオドを打った。「引退試合」は日本らしい演出でもあり、声高に否定するつもりはない。ただ、難しい問題だなあという感情もぬぐえない〉

 来季以降もシーズン終盤になれば、その在り方が議論されるだろう。

 そもそも、投手の引退試合で打者が三振するという慣例はあるのか。あるとすれば、いつ頃から出来上がったのか。ヒットを打った選手はいなかったのか。昭和のプロ野球を中心に振り返ってみよう。

 今も破られていないシーズン47完投(49試合)を誇り、巨人の球団最多勝投手である別所毅彦は昭和37年3月20日、西鉄とのオープン戦(後楽園球場)で先発マウンドに上がった。1回2死三塁のピンチを迎えると、最後の打者となる4番・豊田泰光は豪快なスイングで空振り三振。試合後、別所はこう語った。

〈豊田のヤツ、花をもたしてくれたんだよ。三振した球など一尺(約30センチ)も離れていたからね〉(昭和37年3月21日・毎日新聞)

 それから8年後、昭和45年4月2日には400勝投手の金田正一の引退試合が行われた。ヤクルトとのオープン戦で、6回表に3人目として登板した金田は1回を11球で6番・武上四郎を遊飛、7番・中村国昭を投ゴロ、8番・久代義明を三振に斬って取った。中村の打球はライナーだったが、金田がグラブで叩き落として処理している。

 巨人への闘志を剥き出しにして立ち向かった阪神・村山実の引退試合は、昭和48年3月21日、甲子園球場で行われた巨人とのオープン戦だった。7回に登板した村山は高田繁、末次利光、王貞治に対して12球全てフォークボールを投じ、3者連続三振を奪ってプロ野球生活に幕を閉じた。この日、村山の永遠のライバルである長嶋茂雄は3日前の死球と扁桃腺が腫れていた影響で、ベンチ入りしていなかった。試合後、王はこうコメントしている。

〈別に打合わせたわけではないんだが、前の2人の三振をみていてやっぱりこういう形で送り出してあげるのが一番いいんじゃないかと思ってね〉(昭和48年3月22日・朝日新聞夕刊)

 現在のところ、最後の300勝投手である近鉄・鈴木啓示は昭和61年3月16日、阪神とのオープン戦で花道を飾った。2回にマウンドに上がり、掛布雅之と対戦。3球連続ボールの後、掛布が三度空振りして三振。自ら“道場”と呼んだ藤井寺球場を後にした。

「真剣に打ってくれて、うれしかった」

 別所も金田も村山も鈴木啓示も、最後の打者から三振を奪っている。昭和の頃から慣習はあったようだ。しかし、必ずしもラストバッターが打ち取られているわけでもない。

 昭和34年にシーズン38勝を上げた南海の大エース・杉浦忠は、昭和46年3月25日の巨人とのオープン戦(大阪球場)。5回終了後にゲームを中断し、特別に立教大学時代の盟友である長嶋茂雄と対戦した。結果は、センター前ヒットだった。試合後の記者会見では

〈向うも真剣に打ってくれて……。妙なことをしてもらうよりあの方がうれしかった〉(昭和46年3月26日・朝日新聞)
と語った。それから、27年後にもこう述べている。

〈2球目をセンター前へはじき返されてねえ。三振してくれるとばかり思ってたら……。1球目の外角直球があまりにいいボールだったから、つい本気になったんでしょう。最後に長嶋の本能を呼び覚ますことができて、うれしかった〉(平成10年10月28日・毎日新聞大阪夕刊)

 長嶋は、同級生との最後の対決をこう回想している。

〈ヘルメットが飛ぶほどオーバーな三振をしてやろうと思っていたが、一球目、外角低めに驚くほどいい球がきた。これは自分の力をぶつけないと杉浦に失礼になる。二球目のストレートを思い切り中前へ弾き返した。一塁から駆け寄り、冷たい右手をしっかり握り「いいボールだったよ」とねぎらった。互いの力いっぱいの結果に杉浦は「どんなはなむけよりうれしかった」と喜んだ〉(平成19年7月14日・日本経済新聞)

 平成のプロ野球界のヒーローであるイチローも、相手投手の引退試合で快打を放っている。平成7年3月26日のオープン戦で、オリックスの1番として打席に立ち、中日・小松辰雄の137キロの真っ直ぐを振り抜き、右中間フェンス直撃の二塁打を放った。幼い頃から中日ファンだったイチローは

「本塁打を打つつもりだった。今、感激しています」(平成7年3月27日・中日新聞)
とコメント。小松はこう述べている。

〈オレの一番いい時を見て育ったんだろ。イチローを三振か詰まらせたら色気も出ただろうけど、見事に打たれたらスッキリしたよ〉(平成7年3月27日・日刊スポーツ)

 後悔のないマウンドだったようだ。イチローは2年後、郭源治のサヨナラ登板(平成9年3月19日・オープン戦)でも打席に立ち、この時はセンターフライに終わっている。郭は三振を〈狙っていった〉(平成9年3月19日・朝日新聞)というから、真剣勝負だったようだ。

 長嶋茂雄監督との素振りを繰り返して成長を遂げた松井秀喜は、中日の抑えとして98セーブを上げた宣銅烈の引退試合(2000年3月9日・ナゴヤドーム)で打席に立った。オープン戦の試合前にセレモニーが行われ、松井は2球目の135キロストレートを捉えて打球は一塁方向へ。ファーストが後ろに逸らし、最後の勝負が終わった。

 引退試合は昭和の頃は主にオープン戦に開催されたが、平成に入ってからは公式戦の終盤に行われるケースが増えた。これが“三振”への違和感を増しているのかもしれない。

 ただ、いつの時代の引退試合も、三振もあれば、ヒットもある。エラーもある。“こうでなければならない”なんてことだけがないのかもしれない。

■取材・文/岡野誠:ライター、松木安太郎研究家。本人や関係者への取材、膨大な一次資料、視聴率などを用いて丹念な考察をした著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)が話題に。巻末資料では田原の1982年、1988年の全出演番組(計534本)の視聴率やテレビ欄の文言、番組内容などを掲載。今後は「プロ野球の引退試合研究」も進めたいと考えている。

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  6. 6

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  9. 9

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。