記事

北海道や大都市部で感染拡大 GoToキャンペーン見直しを 3連休は感染症対策の徹底を

動画 新型コロナウイルス対策「会食時の感染予防」篇(出所:内閣官房)
https://youtu.be/zf64Md0IuVo

 「日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

11月20日(金)、専門家で構成された新型コロナウイルス感染症対策分科会が、政府に対して提言をまとめました。

seifu_teigen_16.pdf (cas.go.jp)

感染拡大が進み、医療体制が逼迫化 (出所:内閣官房)

それによると、感染状況は、北海道や東京、愛知、大阪等、4段階の中で最悪の次の3段階目に悪化してきおり、感染の「増加要因」と「減少要因」の拮抗が崩れたとの認識を示しています。その原因は、(1)メッセージの社会への浸透が不十分、(2)見えにくいクラスターの増加、(3)無症状者及び軽症者による感染拡大だとのことです。

そこで、対策として、①この機を逃さず、②短期間(3週間程度)に集中し、③これまでの知見に基づき、感染リスクが高い状況に焦点を絞るとしており、地域の感染状況に応じて、(1)営業時間の短縮、(2)地域の移動に係る自粛要請、(3)Go Toキャンペーン事業の運用見直しの検討、(4)これまでの取組みの徹底、(5)経済・雇用への配慮、(6)人々の行動変容の浸透を提言しています。

秋の紅葉が見頃となり、行楽の季節で、3連休となっており、高速道路は渋滞が発生しています。政府は、地域ごとでGo Toキャンペーン見直しが不可避となってきました。そして、国民に皆様方には、改めて感染症対策の徹底をお願いしたいと思います。

特に、会食については、冒頭にように政府が広報動画を公開しています。換気が徹底した会場で、身体的距離を十分取り、会話は静か目にしたいものです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  7. 7

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  10. 10

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。