記事
  • ロイター

米中、競争と同時に協力も重要=国務長官候補のクーンズ議員


[ワシントン 20日 ロイター] - バイデン次期米政権で国務長官候補に挙がっている民主党のクリス・クーンズ上院議員は20日、超党派の対中政策を望んでいるとし、中国と競争すると同時に、気候変動、公衆衛生、核不拡散などの分野での米中協力が重要になるとの認識を示した。

クーンズ議員はデラウェア州選出で、大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領とは旧知の仲。上院外交委員会の主要なメンバーで、国務長官に指名されれば、共和党が上院の過半数を握り続けても比較的円滑に承認されるとみられている。

クーンズ氏はロイターに対し「中国は米国の明らかな競争相手だと認識している。同時に、米国は重要分野で中国と協力する必要がある」と指摘。「米国は競争を主眼に置くが、米中協力で世界の安全性と安定性が増す分野は多い」と述べた。

トランプ現政権については、「世界に対し文句を挙げ連ねるだけではなく、より魅力的な代替案を提示する必要がある」とし、「中国の習近平国家主席と中国共産党は、米国が衰退しつつあり、システムは壊れ、弱体化していると見なしている。米国が力強く、活気があり、問題解決能力を持っていると示すのは、われわれにかかっている」と述べた。

その上で、バイデン次期政権は米中関係の現状と将来像を巡る分析を行った上で、通商問題のほか、中国が発生源となった新型コロナウイルスを巡る問題などに対応すると述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  6. 6

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  7. 7

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  10. 10

    小林麻耶の降板番組 3月末で終了

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。