記事

【結局、何も変わっていない重度訪問介護!】

れいわ新撰組は何だったのだろう?

重度障害者2人が国会議員に当選
当事者自らが国政に参加することで障害者を取り巻く制度は変わっていくと信じた
期待していた

しかし蓋を開けたら国会のバリアフリーも公費負担
ふなごさんの議員活動へのヘルパー利用も公費負担
本来、重度訪問介護の経済活動への利用は制度上認められていない
制度を作った国が制度に反している
このままで済むはずがない
そう思った
実態に見合った制度改革がなされると

私も会社を経営しているが仕事の際は自費でヘルパーを雇う
制度改革を強く望む1人だ
何かしらの制度改革がなされると期待した

だが現実は、国会議員という特権階級のみに制度上の特例を認め、自費負担のところを公費負担にしただけで我々庶民に対する制度は全く変わっていない
議論になりかけたのは一瞬で、今や何もなかったことになっていると感じるのは私だけだろうか?

コロナの中、GOTOトラベル、GOTOイート、様々な形で公費で経済支援が行われている
政府は公費で経済活動を守っている
なのになぜ障害者は置き去りなのだろう
我々だって働きたいのだ
我々の経済活動はコロナ以前から誰も守ってくれない

本当に障害者の実情を理解して障害者の生きる権利に加えて働く権利について真剣に考えて本気で制度を変える
そんな政治家が現れることを切に望む

恩田聖敬

あわせて読みたい

「障害者」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。