記事

反貧困・脱原発で宇都宮健児さんが都知事選立候補へ-1.5倍も子どもの貧困増やした石原都政の転換を

1/2

 前日弁連会長、反貧困ネットワーク代表で、「年越し派遣村」の名誉村長などもつとめた弁護士の宇都宮健児さん が、石原慎太郎前知事の辞職に伴う東京都知事選(29日告示、12月16日投票)に立候補する方針を固めたことがマスコミで報道され、明日9日、記者会見し正式な立候補表明を行うとのことです。

 それで、昨日の水曜の夜、官邸前でおこなわれた「困っちゃう人々」のハートフルスタンディングアクション(生活保護改悪や消費税増税に反対する抗議行動) で、ちょうど宇都宮健児さんが訴えをおこなっていますので、その要旨を紹介します。(by文責ノックオン。ツイッターアカウントはkokkoippan)

 

生活保護の改悪問題が正念場を迎えています。

 この間、反貧困ネットワークは諸団体と協力して7月中旬から3カ月間にわたってキャラバンカーを全国47都道府県に走らせ、人間らしい労働と生活の保障を求めてつながろうを合い言葉に、反貧困、貧困根絶のキャンペーンを実施してきました。こうした取り組みでこれまで反貧困ネットワークがなかった群馬県などにもネットワークがつくられました。それぞれが声をあげていく、運動が広がっていく、そうしたネットワークが全国各地に広がっていくことが私たちの力になっていきます。

 現政権は生活保護の基準を引き下げようとしています。日本で生活保護を利用している人は全人口の1.6%に過ぎません。そして、生活保護水準以下の生活実態に置かれているのに生活保護を利用できている世帯は2割から3割ぐらいしかありません。多くの人が生活保護水準以下の生活を強いられているのです。本来であれば生活保護を申請して受給できるのに受給できないままにされています。その結果、札幌の白石区の姉妹の餓死・孤立死をはじめとした全国各地での餓死・孤立死の多発が生まれているのです。この東京でも立川や足立区などで餓死・孤立死が発生しています。

 生活保護基準の改悪は、生活保護受給者だけの問題にとどまりません。生活保護を切り下げるということは、国民生活全体の切り下げにつながっていくことになります。

 たとえば、最低賃金です。せめて生活保護の水準を上回る必要があるということが最低賃金引き上げの大きな要因でもあったのに、いま生活保護の水準を引き下げてしまうと最低賃金を引き上げる大きな要因がなくなってしまうのです。生活保護の改悪は労働者の労働条件をも悪化させてしまうのです。そういうことでいいのでしょうか。

 また、生活保護の基準は、地方税の非課税基準とか介護保険の保険料や利用料などの減免基準に連動していますし、公立の小中学校の就学援助の基準にも連動しています。生活保護水準の切り下げは、生活保護受給者だけの問題ではないのです。

 ところで、みなさんもご存知のとおり、石原慎太郎氏が都知事を辞任しました。11月29日に告示があって、12月16日に投票が行われることになりました。これまでの石原都政はどうだったのでしょうか? それを総括して新しい都政をつくるチャンスが生まれています。

 石原都政の13年半は、貧困と格差を拡大し続けるものでした。日本全体の貧困率も過去最悪になっていますが、豊かな自治体である東京都も貧困と格差が広がっています。たとえば、『東京新聞』(10月21日付)によると就学援助を受けている東京都の子どもはこの14年間で1.5倍にもふくれあがっているのです。(※補足→『東京新聞』10月21日付「就学援助14年で1.5倍 子育て家庭の困窮反映」によると「経済的に困窮する家庭に学用品費や給食費などを支給する就学援助制度を利用する東京都内の児童・生徒は、2011年度に18万5,726人に上ったことが分かった。1997年度に約12万人だった受給者数は1.5倍に増加した。受給率は区部ほど高く、公立中学校の生徒は23区のうち17区で3割を超えた」「義務教育の就学援助制度=生活保護世帯(要保護世帯)やそれに準ずる困窮世帯(準要保護世帯)に、市区町村が学用品費や給食費、入学準備金、修学旅行費などを支援する制度」)

 石原都政のこの13年半で、子どもの貧困が1.5倍にふくれあがったのです。石原都政が社会的経済的弱者を切り捨てる弱者に冷たい政治をやってきた結果があらわれているのです。これに対して、私たちは貧困と格差を是正しなければなりません。

 そして、もちろん、原発の問題も重要な課題です。福島原発で発電された電気はほとんど東京でつかわれてきました。東京都民は、福島原発事故の被害者を最大限支援していかなけばなりません。さらに東京都は東京電力の最大の株主でもありますから、そういう面でもしっかり東京電力を監督しなければいけません。そして、都政として脱原発に舵をきらなければいけません。それが福島原発事故の被災者に対する東京都の責任だと思っています。

 反貧困と脱原発、そして、重要なのは憲法と平和を守るということです。尖閣問題などをきっかけに憲法改悪や集団的自衛権の行使の容認などを主張する政治家が出てきていることは非常に危険な兆候です。そうした動きに対して、まさに首都・東京から平和のメッセージを発信して、韓国や中国と良好な関係をつくっていくなど、平和の課題でも今回の都知事選でどういう知事が選ばれるのかは重要になっています。

 また、教育の問題も重要です。学校の先生が管理統制されたら子どもたちがのびのびと学校で学び成長することができません。子どもたちにとって大切なのは、自分の頭で考えていろいろな問題について自由に討論していくことです。そういう民主主義の中で子どもたちが育っていくことが教育だと思います。こうした教育の問題についても大きな課題が残っています。

 ひとことで言えば人にやさしい都政をつくるために、それを担える人を私たち市民の中で選んでいかなければいけません。まず東京から変えていく。東京が変われば日本が変わる。日本の政治も変わる。そして、アジアのみなさんにもいい影響を与えることができる。今回の東京都知事選挙はきわめて重要な選挙だと思いますので、ぜひみなさんと一緒に取り組めたらと思っています。どうかよろしくお願い致します。

[画像をブログで見る]

(※以上が宇都宮健児さんの11月7日の官邸前行動での訴えの要旨です)

 宇都宮健児さんは2006年2月7日に放送されたNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」の第5回目 に登場していて、その中で、「プロフェッショナルとは?」という問いに、「弱者のためにとことんやる人、徹底的にやっている人だろうと思いますけどね。もう少し広く考えれば、他人のために頑張れる、一生懸命に仕事をやっている。そういうことなんだろうと思うんですけどね」と答えています。「強者のためにとことんやる人」だった石原都政を転換できるのは、「弱者のためにとことんやる人」である宇都宮健児さんだと思います。最後に宇都宮さんも会見にのぞんでいた11月6日の声明もあわせて紹介しておきます。

あわせて読みたい

「都知事選2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  7. 7

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  8. 8

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  9. 9

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  10. 10

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。