記事

アーティスト・西川貴教 ファンに長年愛され続ける理由

1月に発売される写真集も話題に

 アーティストの西川貴教が、今年50歳の節目を迎えた。来年1月29日に発売予定の写真集『五十而知天命~五十にして天命を知る~』は大きな反響を呼び、予約が殺到。写真集と“A2判特大アクリルフォト”からなる限定セット(全3種、計600セット)は約8万円の高額商品だが、予約開始後2日でほぼ完売し、追加増産を決定して予約再開中という。来年メジャーデビューから30周年を迎える彼は、なぜこうも長い間ファンから愛され続けるのだろうか。

【写真】初公開、写真集の中の1枚。西川貴教の鍛え上げられた見事なボディが光る

 もともとバンド活動からキャリアをスタートさせた西川は、ヴィジュアル系バンドLuis-Maryのボーカルとして1991年にメジャーデビュー。だが彼の音楽は、1996年から始動したソロプロジェクトT.M.Revolutionの名義で知ったリスナーのほうが多いかもしれない。

“貴教が革命を起こす(Takanori Makes Revolution)”という意味が込められたT.M.Revolutionは、これまで10枚のアルバムを発表。ファースト・アルバムを除けば、ほぼ全てのアルバムがオリコンチャートのトップテンに入っている。

 西川貴教がここまで息の長い活躍を続ける理由を、本人への取材経験があるエンタメ系フリーライターの阿部裕華氏はこう見る。

「西川さんは本業のアーティスト活動にとどまらず、ドラマ・ミュージカルなどの俳優の顔、アニメ声優の顔、バラエティー番組でのタレントの顔、ワイドショー番組のコメンテーターの顔など、多彩な顔を持っています。

 さらに今年の年始にはNHKの『みんなの筋肉体操』にパフォーマーとして出演し、出身地・滋賀県の観光大使としても活躍しています。ジャンルに縛られることなく、そして年齢に縛られることなく挑戦し続ける姿勢こそ、長期間活躍を続け、ファンを惹きつけ続ける理由なのではないでしょうか」

 さらに阿部氏は、西川が自身の姿をつねに客観視してきたことにも注目する。

「何より、西川さんは他己分析を尊重しています。自分の中で自分の魅力を決めつけるのではなく、周囲の意見を尊重して自分の魅力や武器となる才能を常に見つけていくことを現在も続けています。

 一般的に、年齢を重ねていくほど、周りからの意見を聞き入れなくなってしまいがちです。しかし、西川さんはつねに素直で居続けている印象があります。何かに挑戦するとき、とにかく“自分は1年生”のスタンスを今も貫いているからこそ、多くの人から愛され、活躍し続けられるのだと思います」(阿部氏)

 芸能事情に詳しいカメラマンでライターの名鹿祥史氏は、西川の「どのジャンルでも仕事をこなすことができる才能」を指摘する。

「ミュージシャンでありながらバラエティ番組に積極的に出演したり、映画・ドラマで役者としての新境地を開拓したり、西川さんは若い頃からとにかくサービス精神が旺盛でした。仕事のフィールドを選ばなかったのです。

 しかもどのジャンルに進出してもうまくこなしてしまう器用さがあり、どこへ出てもしっかりと自分の立ち位置をキープできるだけの個性の強さも持っていました。無茶はするけど、意外と常識人。交友関係の広さから性格や人付き合いの良さも伺えます」(名鹿氏)

 加えて、アイドルのような孤高の存在ではなく、一種の親しみやすさを醸し出していることも、ファンを魅了し続ける秘訣のようだ。

「女性ファンからは変に異性であることを意識し過ぎず、友達感覚で、また身内感覚で応援することができるのも魅力です。近年は事業家としての一面も評価されるようになり、 “ひょうきんさ”が愛された若き日と違い、地に足のついた大人の魅力まで漂わせるようになっています。

 ファンも次は何をやってくれるのだろうという期待感を常に持って西川さんを応援することができたでしょうし、西川さんもその期待に応え続けてきたんです。ポジティブで、他者に対して変な壁も設けず、来るものを拒まず頑張ってきたことが、彼の成功に繋がり、これだけ長きに渡って芸能界で活躍できた理由だと思います」(名鹿氏)

 若い頃に一時代を築いたミュージシャンは数多い。だが半世紀にわたる人生を前進し続け、ジャンルの垣根を超えてファンを魅了し続けてきた西川のような存在は、唯一無二と言えるのではないだろうか。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)

あわせて読みたい

「西川貴教」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。