記事

消費者物価9年半ぶり下げ幅 ~ 「Go to」が物価を押し下げる?

「総務省が20日発表した10月の消費者物価指数(CPI、2015=100)は、変動が大きい生鮮食品を除く総合指数が101.3と、前年同月比で0.7%下落した。下落は3カ月連続で、9年7カ月ぶりの下げ幅となった。政府の観光需要喚起策 「Go To トラベル」事業の割引で宿泊料が37.1%下がった」(20日付日経電子版 「消費者物価、10月0.7%下落 GoToで9年半ぶり下げ幅」

本当に「Go to トラベル」が消費者物価を下落させたのだろうか。

消費者物価に対する「宿泊料」のウエイトは1.13%に過ぎない。その「宿泊料」が前年同月比で37.1%下がったとしても消費者物価全体に与える影響は0.4%程度。寄与度としては小さくないが「Go to トラベル」に消費者物価下落の責任を押し付けるのには無理がある。

ちなみに10月がらスタートした「Go to eat」の対象となる「外食」(消費者物価に対するウエイトは5.21%)は前年同月比でプラス0.4%と、スタートして間もないことも影響しているのか消費者物価を押し下げ要因にはなっていない。

気になるのは「2%の物価安定目標」を掲げて日銀が漫然と「異次元の金融緩和」を続けていること。「Go to キャンペーン」が消費者物価を押し下げ要因になるのであれば、「異次元の金融緩和」は出口のない無駄撃ちになる。

「Go to キャンペーン」によってインフレが抑制されるのであれば、中央銀行がインフレヘッジの株式など持つ必要があるのだろうか。こうした無駄から不利益が生じた場合、それを被るのは国民だ。

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    トランプ大統領「4年後会おう」

    ロイター

  8. 8

    竹中氏「菅首相の突破力は見事」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  10. 10

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。