記事

バイデン大統領になっても深刻すぎる「米国の分断」は解消しない

1/2

民主党と共和党が激しく対立するなど、アメリカが「分断」に苦しんでいる。米大統領選挙でトランプ大統領のアドバイザリーボードメンバーを務める中部大学の酒井吉廣教授は「バイデン候補はオバマ大統領やトランプ大統領のような強い個性や政策案を持たない。このため米国の分断が解消されることは当面は難しいだろう」という——。

バイデン前米副大統領(左)とトランプ大統領=2020年11月4日
バイデン前米副大統領(左)とトランプ大統領=2020年11月4日 - 写真=AFP/時事通信フォト

「トランプノミクス」とほとんど変わらない「バイデノミクス」

前回、「バイデン氏の得票数が米国史上最多になった『たったひとつの理由』」で説明したように、米国民の要求は、自分の職の安全であり、高給取りの政治家たちから見れば、実に小さな幸せといえる。米国民たちにとって、トランプ主義や社会主義へのこだわりはなく、政治への期待という点では全く分断されていないのが、現状だ。

両候補の経済政策も、地球温暖化対策をゼロエミッションで達成するか(バイデン候補)、CO2排出量の減少と直接空気回収(大気から回収して土に埋める)の技術開発で達成するか(トランプ大統領)の相違にすぎない。

しかも人類が2050年までにゼロエミッションを達成しなければならないという科学的根拠が示されていない中で、自分の主張に拘泥する学者と、それをはやすメディアの声に迷わされなければ、二者択一以外の選択肢も生まれるはずだと私は感じている。

そもそも、バイデン候補が掲げるように国民皆保険を実施し、公立大学を無料化し、ゼロエミッションでガソリン車を駆逐するなら、実現するための必要コストが激増する。だが増税対象となる大企業が減少すれば深刻な財源問題に直面する。

これを回避したいバイデン候補は、「バイデノミクス」の売りとなる“ばらまき”を和らげざるを得ないはずだ。つまり米国民にとって、バイデン候補の経済政策は、トランプ大統領の掲げる経済政策とほとんど大差のないものになっていく。

しかも民主党内の中道派と進歩主義は水と油の関係にある。バイデン候補の呼びかけは、トランプ大統領という共通の敵を倒したと考えている民主党内の「Unite」を促そうとしたものでもある。民主党内の混乱が、国民にまで拡大しないよう期待した、という印象がぬぐえないのだ。民主党員の中には「Unite」とは誰のためのものか、と考える人も多いという。それくらい、民主党内はまだバラバラの状態にある。

「国民の一票」が無視された選挙だった

今回の大統領選挙は、激戦州で超僅差の勝負が長期間続いた。そのため全米で勝利を祝うという伝統とはかけ離れ、当選のための選挙人数「270」を満たすのに必要な州盗り合戦のようになっていった。

「全州での集計終了」とメディアが一斉に報じた2020年11月14日の段階でも、例えばニューヨーク州はまだ75%しか開票が進んでいなかった。つまり政治家もメディアも、「米国民の一票」の価値を無視している。極めて異常な事態だ。

「亜米利加合衆国」(USA)は、1820年代にオランダ風説書を日本語訳した時に作られた言葉である。オランダは欧州で初めて米国を独立国として認めた。独立戦争に味方したフランスに次ぐ米国の理解者で、その日本語名も、日本人がオランダ人から事実を正しく聞き取ったことを示している。

7月4日の独立記念日に旗を持つ人々
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Choreograph

米国は州の集まりながら、連邦政府の政策は、個人が選挙で直接の意思表示を行う制度をとっている。これが大統領選挙だ。従って、今も州ごとの大統領選挙人数は国勢調査に基づいた人口の増減に合わせて調整され、一票の重さを可能な限り等しくしようとしている。

では、「なぜ『合州国』と書かないのか」と質問する日本人も多いが、それは南北戦争時の南部のConfederate States of America(CSA)のような集合体を意味するからであろう。CSAの日本語名はアメリカ連合国だが、直訳は「合州国」となる。CSAはUSAから脱退した州の連合で、州民の意思は州政府を通して示されていた。

決して埋まらない理想と現実のギャップ

この間、黒人奴隷は選挙権を持たなかったうえ、国勢調査を基に各州の大統領選挙人を決める際には、自由人(白人)の3分の1として数えられた。南部の白人は少なく、白人だけの多数決では合衆国の国政に意思を伝える力が弱かった。

アメリカ連合国も建国の父達の功績を認め、例えばワシントン大統領の切手を発行しているが、アメリカ合衆国の建国の理想は、すべて「人民の人民による人民のための政治」であり、それはやがてリンカーン大統領のゲティスバーグ演説に受け継がれる。

当時から、北部にはごく少数ながらも一人として人口に数えられる自由な黒人もいた。

つまり、アメリカ合衆国の黒人奴隷制度は建国の理念からしても、廃止されて当然のものだった。だがこの現実を受け入れられない人々は、今も多数残っている。そしてそういった人たちの存在こそが、米国に黒人差別が根強く続いてきた原因となってきた。

バイデン候補の「Unite」という言葉の目的の一つは、この人種や性差、宗教などの壁を乗り越えようというものだ。しかし彼は「俺に投票しないやつは黒人ではない」と語ったように、彼自身、身体にしみ込んだ差別感覚は死ぬまで消えないのかもしれない。

米国は黒人を「奴隷ではない存在」として扱ったその日から、アメリカ合衆国の理想と人種差別を抱える現実のギャップという苦悩を持ち続けることになった。そしてそれは、「Unite」と叫ぶだけでは解消しない。

民主党と共和党の政治的な分断を表す赤と青の議事堂
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/zimmytws

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  3. 3

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  4. 4

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  7. 7

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  8. 8

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  9. 9

    みのもんた パーキンソン病告白

    文春オンライン

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。