記事
  • ロイター

米原油先物はコロナ感染急増で続落、景気対策協議再開が下支え


[東京 20日 ロイター] - アジア時間序盤の取引で米原油先物は続落。新型コロナウイルスの感染者急増に伴うロックダウン導入で燃料需要が打撃を受けるとの懸念が高まっている。一方で、米国の追加コロナ経済対策法案を巡る協議再開のニュースが相場を下支えしている。

0039GMT(日本時間午前9時39分)時点で、米WTI原油先物は0.09ドル(0.2%)安の1バレル=41.65ドル。前日は約0.2%下げた。

CNBCによると、米民主党上院トップのシューマー院内総務は19日、追加のコロナ経済対策法案を巡り、共和党上院トップのマコネル院内総務が協議再開に合意したと述べた。

OANDAのシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「休暇前の景気対策合意は、原油価格を直近の取引レンジの上限近くで推移させるだろう」と指摘した。

米国で入院している新型コロナ感染者は19日時点で約7万9000人と過去2週間で約50%増加したことが、ロイターの集計で分かった。医療システムに対する負担が強まっており、州や主要都市は新たな制限措置を余儀なくされている。

モヤ氏は「燃料需要の減少は原油相場にとってマイナス材料だが、それはほぼ織り込み済みで、大きな売り材料とはならないだろう」とした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    立ち食いやきそば コロナで閉店

    田野幸伸

  4. 4

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  5. 5

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  6. 6

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    秋篠宮さまにみる結婚反対の本音

    女性自身

  10. 10

    無策の菅政権「日本危なくなる」

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。