記事

FRBの「力いっぱい」の緩和は、そろそろ終わる 再任投票の忌まわしい「羞恥プレイ」の記憶が傷跡に

下のグラフは一昨日欧州委員会が発表した欧州経済予想(European Economic Forecast)から作成したものです。ドイツの2012年と2013年のGDP成長予想がそれぞれ0.8%へと下方修正されました。

リンク先を見る

ドイツの凹みと、フランスの凹みのカタチに注目してください。

次のグラフはEUのGDP成長率を、世界の他の主要経済と比較したものです。EUが凹みのパターンであるのに対し、米国は○で囲んだように右肩上がりになっている点に注意して下さい。

リンク先を見る

来年、再来年のGDP成長率も、それぞれ米国がEUより高いです。

次に失業率のグラフをお見せします。
リンク先を見る

ギリシャとスペインの失業率の高さは、経済問題を通り越して社会が瓦解するかどうかの瀬戸際に来ている、極めて深刻な状態です。一方、ドイツの失業率は低い水準で安定しています。

EUの失業率は基調として右肩上がりです。米国の失業率は右肩下がりです。(中国はデータがありません)

リンク先を見る

いま世界の経済をぐるっと見渡すと、アメリカも愚図愚図しているし、欧州も景気が悪いです。そのように全部がダメな中で、「どちらがより醜いか」という競争をすれば、米国より欧州の方が醜悪なのです。またトレンドとしても米国は既に回復の途上にあるけど、欧州は未だこれから悪くなるということがわかります。

すると金利政策の面からは欧州は未だ「出口戦略」を模索するような段階では到底ないことがわかります。

しかし米国の場合、順番からいえば欧州より先に「出口戦略」が語られなければいけないのです。これは緩和に踏み切ったタイミングを思い出して頂ければわかります。米国は一足先に断固とした緩和に踏み切りましたが、欧州は1年前にECB総裁がトリシェからドラギに交代になるまでは、のらりくらり言を左右にして、なかなか緩和を断行しませんでした。

金利政策というのはじわじわ効いてくるものです。「累積的に、効いてくる」と言い換えても良いでしょう。

だから目先の「すべった、転んだ」は別として、長期の趨勢としては米国の金利のベクトルは「↓」ではなく「↑」をそろそろ心配しはじめる局面が近いうちにやってくると覚悟した方が良いのです。(僕は「いますぐQEが終了する」と言いたいのでは、ありません。「将来のイグジットの順番は、アメリカが先だよ」と言っているだけです)

オバマが再選されたとき、日本のメディアで「これでバーナンキ続投の可能性が高まった」というようなコメントをしている人が居ましたが、僕はバーナンキは2014年の1月に、任期満了で降板すると思う。なぜなら前回の再任投票の際、共和党の議員さんたちに「羞恥プレイ」のなぶりものにされたトラウマ(笑)が、バーナンキ議長の心の中に深い傷跡を残しているからです。

で、彼の後任の人事に関しては、2013年の夏のジャクソンホールあたりから、いろいろな噂が出始めると思います。ジャネット・イエレン副議長が最右翼だというのが現時点での下馬評です。

その場合、イエレンはバーナンキに輪をかけたような緩和主義者なので、FRBの金利政策が今以上にフニャフニャになるだろうと予想する人が居るけれど、僕はそうなる可能性はゼロだと思う

なぜならFRBのリーダーシップが交代する際には、後任が市場との蜜月時代に「マーケットとの対話」をしやすいように金利政策を若干、ニュートラルに戻すのがエチケットだからです。

中央銀行家はマーケットから手の内をあけすけに読まれたら最後、トラクション(摩擦=市場を自由に操ってゆく力)を失います。今は緩和一点張りの偏った金利政策になっています。これはバーナンキ議長という、クレディビリティ(信用)を既に確立した中央銀行家がやっているからこそ、危なげなく出来る事で、新任の中央銀行家は市場にOne way betを許してはいけないのです。

バーナンキ議長はその機微をよくわかっているので、表向きは「力いっぱい緩和」というフレーズを変更することはないけれど、水面下でスロットルを戻し始めると思います。そのようなコンサーバティズムは、政府の財政政策の面でも「大統領選挙の翌年は、コールドターキー(=禁欲的)」という、米国で100年以上も繰り返されてきた、大統領サイクル特有のシナリオとも綺麗に合致(dovetail)しています。

あわせて読みたい

「欧州経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党に利用された宝島社の「タケヤリ意見広告」

    渡邉裕二

    05月19日 08:10

  2. 2

    #メディアはワクチン接種を邪魔するな 2 政府のミスを見つけてくれた? ワクチンを早期に拡げて国民を助けるより政府を叩きたい!? 国を滅ぼしたい!?

    中村ゆきつぐ

    05月19日 08:20

  3. 3

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  4. 4

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  5. 5

    大失敗の大阪、成功の東京〜感染急増の大阪や地方と、第4波の感染抑えた東京の何が違ったのか?

    かさこ

    05月19日 08:15

  6. 6

    田村正和さん「静かに死にたい」本誌に語っていた人生の幕引き

    女性自身

    05月19日 08:39

  7. 7

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  8. 8

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  9. 9

    二階幹事長 支持率急落に“怒り”表明も「自業自得」と呆れ声

    女性自身

    05月19日 09:03

  10. 10

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。