記事
  • ロイター

全国CPI10月は約9年半ぶり0.7%下落、エネルギー下げやGoToで


[東京 20日 ロイター] - 総務省が20日公表した10月の全国消費者物価指数は、指標とされるコアCPI(除く生鮮)は前年比0.7%低下し、9月の同0.3%からマイナス幅が拡大した。2011年3月(0.7%低下)以来、9年7カ月ぶりのマイナス幅となった。エネルギー価格の下落、観光促進策GoToトラベル事業の影響、昨年10月の消費増税による値上げ効果一巡により大幅な低下となった。

ロイターが集計した民間予測(中央値)は同0.7%低下だった。

<エネルギー・GoTo・増税反動響く>

前年比でのマイナスは3カ月連続。総務省では、デフレ傾向に突入しているかどうかについては「判断できない」(幹部)としている。

最大の下落要因はエネルギーで、原油市況の下落を反映し前年比5.7%下落、9月と比べ0.17ポイント指数の押し下げ効果があった。ガソリンが前年比9.2%、電気代が同4.7%下落した。

GoToトラベル事業の対象に10月から東京が加わった影響で、宿泊料が前年比37.1%と大幅に下落し、9月の同30.0%からマイナス幅が拡大した。

昨年の消費増税時に握りずしなど外食での値上げの効果が剥落し、生鮮食品を除いた食料は前年比0.2%上昇となり、9月の同0.8%からプラス幅が縮小した。ビールの酒税引き下げも響いた。

生鮮食品を加えた総合指数も前年比0.4%下落した。キャベツや白菜など夏場に高値だった野菜の価格下落が影響した。

物価のより基調的な動きを示すとされる、コアコアCPI(除く生産、エネルギー)も同0.2%下落した。

*内容を追加しました。

(竹本能文)

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。