記事

入江慎也が語るあの騒動「人脈で失敗したが人脈に救われた」

騒動後について振り返るカラテカ入江慎也さん

「友達5000人」という幅広い人脈を持ち、芸能界でも売れっ子になったお笑いコンビ・カラテカの入江慎也さん(43才)。しかし闇営業騒動により芸能界を去ることに。その後、ハウスクリーニングのアルバイトを経て今年7月、清掃会社「ピカピカ」を立ち上げた。人脈がどう変化したのか、セカンドキャリアで感じる思いなどを入江さんが語った。

【写真】清掃作業を行うカラテカ入江さん。表情は真剣そのもの

――吉本興業から契約解除後の自粛期間中、どんな毎日を過ごしていた?

入江:ぼくが起こしてしまったことで、たくさんの人の人生を変えてしまい、どうしていいかわからない状態が2か月くらい続きました。毎日のように報道されて、ただただ本当に申しわけなく、これから人生どうしていこうと悩んでいたとき、相方(矢部太郎・43才)と相談しながら今後のことを真剣に考えて、清掃会社で働こうと決めました。

――宮迫博之さんや山本圭壱さんなどのように、YouTuberになろうとは思わなかった?

入江:しようかとも考えたんですけど、向いていないなと思って。インスタグラムやTwitterなどSNSと相性がよくないので、YouTubeも向いてないと判断しました。いまだに「清掃YouTuber」として活動しないのかとよくすすめられます。でも、再生数を伸ばす自信が全然ないです(笑い)。

 あとは、リアルに時間がなくて。今は自分の会社を大きくして、セカンドキャリアを考えている人たちを応援できたらいいなと思っているんです。今、ぼくもセカンドキャリアなので、いつかは、そういう人たちの受け皿になりたい。それしか考えていません。

――相方の矢部さんとはどんな話を?

入江:矢部は高校の同級生で、友達としても相方としてもとても大切な存在です。自粛期間中は励ましてくれたし、働いたほうがいいとアドバイスしてくれました。「地に足つけて、自分自身が納得できる仕事がいいんじゃないか」と言われました。

――カラテカは解散しない?

入江:解散しようという話にはなりませんでした。吉本を解雇されてすぐ、矢部から「カラテカ矢部を名乗って活動していくよ」と言われました。本当に申しわけない気持ちでいっぱいになりました。

 芸人活動については、今は何も考えられません。いつかはまた2人でネタをしてみたいなという漠然とした思いはあります。でもそれは、清掃会社の社長としてであって、芸人としてではないですね。まだまだずっと先のことですけどね。1年半も離れると、自分が芸人をやってたのが不思議な感覚になります。

 最近、講演会に呼んで頂いて、たまにセカンドキャリアについて話をさせていただくんですが、会場で笑いが起こると「ああ、やっぱり気持ちいいな」って思います。芸人を目指したのは、人を楽しませたいという思いからですから。でも、同時に、お客さんに笑ってもらうことは清掃でもできるとも思うんです。

――セカンドキャリアで、得たもの、失ったものは?

入江:芸人時代にやってきたことのすべてが生きています。たとえばコミュニケーション力は芸人時代に培いました。あとは先輩にたくさん飲食店に連れていっていただいたので、おいしいご飯屋さんを尋ねられると答えられます。するとすごく喜んでもらえる。そういうのも全部セカンドキャリアで活きてるなと思って。前の仕事にも意味があると思っています。一方で、失ったものは信用です。一度失った信用は取り戻すのに時間がかかります。今はそのために精一杯、努力しているところです。

――騒動のあと、人間関係に変化は?

入江:ありがたいことに、変わっていません。清掃業のオファーをくれる人もいます。今田耕司さん、山本圭壱さん、スピードワゴンの井戸田潤さんなども清掃で呼んでくださって、YouTubeで動画を流してくれました。そのチャンネルを見た人からの依頼が増えました。

 先輩芸人のかたがたは、ありがたすぎて言葉になりません。どうやって恩返しすればいいのか……。今田さんはYouTubeの撮影以外にも、昨年末にも清掃で呼んでくれましたし、相方の矢部も、昨年11月にエアコン清掃で呼んでくれました。

 とはいえ、仕事の依頼はほとんど一般の方ですよ。遠方も多いです。先日も山梨に行ってきました。交通費を払ってまで、「力になりたいから」とわざわざ呼んでくださる。本当に嬉しいです。また、企業さんから、家庭用洗剤 “White Man”を監修させて頂く機会を頂いたりと、仕事で毎日を忙しくさせて頂いていることが、とてもありがたいです。

――山本さんの放送では、感動したという声が多数ありました。

入江:はい、本当にありがたかったです。今も、たくさんの芸人の先輩方、同期、後輩のみんなに支えられています。松村邦洋さんは、「どんな病院に行くよりも心がスッキリするから」と、相田みつをさんの詩と日本酒を送ってくださいました。別の事務所の先輩ですけど、ずっとお電話もいただいていました。小籔千豊さんは、謹慎メンバーと共に解雇になったぼくにも、お肉や高級素麺を送ってくださいました。ほかにも、ずっとお世話になっている放送作家の大先輩が、毎日のように連絡をくださいました。経営されている店の冷凍餃子もずっと送ってくださって。こんなに応援していただけるんだ、と感動しました。

 田村淳さんは、「大人の小学校」というオンラインサロンを運営しているのですが、そこに1回目のゲストとして今年の7月に呼んでくださり、ぼくと亮さんと淳さんでトークさせていただきました。ロンブーさんには本当にご迷惑をかけたのに……。そのお気持ちが、とてもうれしかったです。

――なぜ入江さんは、そこまで愛されているのだと思いますか?

入江:自分で言うのもなんですけど、とにかく一生懸命なにかをやっているだけなんです。昔からやってきたのは、呼ばれたら断らずに行くこと。でも脇が甘かったから、ああいうことが起きてしまったわけですが…。人脈で失敗したけど、今また自分を救ってくれているのも人脈でした。

――もし過去に戻れたら、自分に言いたいことは?

入江:発端は7年前の闇営業騒動ですが、自分でも全くわかっていなかったので、戻ってもやりようがないんですよね……。ただ、脇が甘かった自分を注意しに行くしかない。毎日誰かと飲んでいた自分。誰とでも写真を撮っていた自分に、「気をつけろ」って言いたい。

 やっぱり、人を巻き込むということが、どれだけ大変なことかを本当の意味でわかっていなかった。事務所を通さない営業で呼ばれてお金がもらえるなら後輩の生活にとってもいいと思っていました。だけど、それは正しくなかった。でも、そのときは、本気でよかれと思ってやっていたので「間違ったことだぞ」と言いたいですね。

【入江慎也(いりえ・しんや)】

1977年4月8日生まれ、東京都出身。1997年、高校の同級生だった矢部太郎とお笑いコンビ・カラテカを結成。2019年6月、闇営業騒動で所属していた吉本興業から契約解除。現在はコンサルティング会社イリエコネクション、清掃会社ピカピカの代表取締役を務める。

撮影/黒石あみ 取材・文/小山内麗香

あわせて読みたい

「入江慎也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    トランプ大統領「4年後会おう」

    ロイター

  8. 8

    竹中氏「菅首相の突破力は見事」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  10. 10

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。