記事
  • 女性自身

嵐に浮上した五輪開会式で再集結計画 5人でカイト歌唱案も

「『アラフェス』を終えたばかりですが、メンバー5人は休むことなく“仕上げ”に向けて連日、深夜まで打ち合わせをしています」(音楽関係者)

活動休止まで残すところ、あと1カ月強となった嵐。11月3日に国立競技場で行った無観客配信ライブ「アラフェス2020」は、数百万人が視聴したとみられ、その経済効果は300億円にものぼるという。

さらに12日には、大みそかに初の生配信ライブを行うことを発表。実施に際し、相葉雅紀(37)は「現在チーム一丸となって年末の公演に向けて準備を進めていますのでぜひ楽しみに待っていてください!」と予告した。

最後の一分一秒までメンバーはファンに寄り添う覚悟を決めているようだ。

「コロナ禍で予定していた活動ができず、“少しでもファンと一緒に過ごせる時間を増やしたい”という5人全員の思いから今回の公演が実現しました。同日には出場が発表された『NHK紅白歌合戦』もありますが、ライブ会場から中継する形で出演する方向のようです。元日を迎える直前までライブを行う計画もあると聞いています」(前出・音楽関係者)

完全燃焼に向け、全速力でラストスパートをかける嵐。しかし、気になるのが’21年以降の活動。ファンとしては“再集結”の時期も気になるところだが……。

「来年1月から冠番組である『VS嵐』(フジテレビ系)と『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の後番組で相葉さんと櫻井翔さん(38)がそれぞれMCを務めることが発表されました。

来年以降の芸能活動休止を発表している大野智さん(39)はもちろん、松本潤さん(37)と二宮和也さん(37)も具体的な予定は発表されていません。結成25周年を迎える’24年ごろに再集結するという話もありますが、グループとしての予定は全くの白紙状態です」(スポーツ紙記者)

そんななか、“5人”を見られる唯一の希望とされているのが、嵐がNHKのスペシャルナビゲーターを務める東京オリンピック・パラリンピックだ。

「東京五輪が来年7月に延期されたことでファンから、“五輪が終わるまでは嵐も続けて!”と活動延長を望む声が殺到しました。

延期決定直後の3月にはNHKの放送総局長も会見でナビゲーター継続について『現時点で変更ということは考えておりません』と断言。その裏では“開催まではスペシャルナビゲーターだけでも続けてもらえないか”と嵐サイドに嘆願していたと聞いています」(テレビ局関係者)

コロナ禍で開催も危ぶまれるなか、NHKに思わぬ追い風が。15日から緊急来日することが発表されたIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長は11日、こう明言したのだ。

「東京大会の開催中止について議論するのかという質問だが、答えはノーだ」

そして、来るべきときに備えてNHKでは水面下でラブコールを送っているという。

「東京五輪の開会式当日に、なんとか嵐のメンバー5人がそろうことはできないか調整が進められているそうです」(NHK関係者)

五輪延期決定後から一夜かぎりの“復活”に向け、NHKが熱心に交渉しているようだ。

「嵐としては悩んだ末に決めた活動休止だけに、グループの活動延長という考えはありませんでした。しかしながら、当初からメンバーたちも『ナビゲーターは最後までやり遂げたい』と話していたため、どのような形で関われるかを模索し続けていました」

昨年、松本はナビゲーターへの熱意をこう語っていた。

《日本でオリンピック・パラリンピックが行われるんだと非常にワクワクしています。このワクワクを1年引っ張って、徐々に徐々に大きくしていく。そんな1年になればいいなと思っています》(『ステラ』’19年8月30日号)

しかし、ここで気になるのがリーダーの大野だ。「自由な生活がしてみたい」という発言が、活動休止の発端ともなった大野は再集結に対して何を思うのだろうか。

「開会式当日以外は、大野さんはナビゲーターとして登場する予定はなく、休止以前に出演していた番組の映像などをそのまま使用する予定のようです。また、スタジオに大野さん以外の4人がそろうと大野さんの不在が際立ってしまうため、MC経験の多い櫻井さんや相葉さんを中心に回していくことになるでしょう。大野さんもそうした気遣いにはとても感謝しているそうです。

まだ結論は出ていませんが、“オリンピックを盛り上げたい”というメンバーの思いは変わっていません。あくまで“一夜かぎり”ということで局は期待しています」(前出・NHK関係者)

そして5人の再集結だけでなく、“ファン感涙”の演出プランもNHKは熱烈にオファーしているという。

「局としては、今年の開会式で行う予定だった演出をそのまま行いたいと考えています。当日だけの特別演出としてさまざまなオリンピック関連コーナーを各メンバーに担当してもらうことを考えているそうです。

最大の見せ場として、米津玄師さん(29)が作詞・作曲を務めたNHK2020ソング『カイト』をメンバー5人で歌唱する場面も準備しているといいます。昨年の『紅白歌合戦』で初披露され、嵐のスペシャルナビゲーターを象徴する曲です。メンバー全員での歌唱が実現すれば、ファンにとってこれほどうれしいことはないでしょう」(前出・NHK関係者)

これまでずっと「5人で嵐」と公言し続けてきた嵐。最高の“晴れ舞台”で5人がふたたびそろう日を見たいものだが――。

「女性自身」2020年12月1日・8日合併号 掲載

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    トランプ大統領「4年後会おう」

    ロイター

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    竹中氏「菅首相の突破力は見事」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  10. 10

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。