記事
  • ロイター

米中古住宅販売、10月は4.3%増 5カ月連続プラス


[ワシントン 19日 ロイター] - 全米リアルター協会(NAR)が19日に発表した10月の米中古住宅販売戸数(季節調整済み)は、年率換算で前月比4.3%増の685万戸と5カ月連続で伸びた。ただ、在庫が減少する中で住宅価格は過去最高水準にあり、今後勢いが鈍化する可能性がある。市場予想は1.2%減の645万戸だった。

9月の数字は当初発表の654万戸から657万戸へ上方改定された。

中古住宅は住宅販売の大半を占める。全4地域で増え、引き続き高価格帯の住宅に集中した。10月の前年同月比は26.6%増だった。

過去最低水準にある住宅ローン金利が住宅市場を押し上げている。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により労働人口の少なくとも21%が在宅勤務しており、在宅オフィスや在宅学習のために広い家を求め郊外や人口が少ない地域に人が移っている。

新型コロナにより米経済は2月に景気後退入りした。打撃を受けた人は低賃金労働者に偏っている。米国では2000万人以上が失業保険手当で生活している。米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)によると、米国の30年固定住宅ローン金利は平均約2.84%の低水準にある。

住宅の供給は需要に追いつかない状況が続いている。住宅建設業者は建設ペースを加速しているものの、住宅価格は初めての購入者の多くにとって手が届かない水準まで上昇。前日発表された住宅着工件数は、住宅市場の大半を占める一戸建て住宅が07年4月以来の高水準を付けた。

住宅在庫は前年同月比19.8%減の142万戸だった。販売価格の中央値は前年同月比15.5%増の31万3000ドルとなった。

10月の販売ペースに基づく在庫の消化期間は2.5カ月と、統計開始以来の短さになった。9月は2.7カ月、前年10月は3.9カ月だった。健全な需給バランスには6─7カ月が適切とされている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。