記事

苦境の紳士服業界 新型コロナでスーツ需要が急減しコナカは129億円の赤字

 

「紳士服のコナカ」や「フタタ」などを展開する(株)コナカ(TSR企業コード: 350617880、横浜市戸塚区、東証1部)は11月19日、2020年9月期(連結)の純利益が129億4800万円の赤字だったと発表した。新型コロナの感染拡大以降、主力のスーツの需要減が響いた。紳士服業界は新型コロナの影響が直撃し、苦戦が続いている。

 

2020年9月期(連結)は、売上高478億4200万円(前年比21.2%減)、営業利益49億3800万円の赤字(前年7300万円の黒字)、純利益129億4800万円の赤字(前年53億4400万円の赤字)だった。純利益は3期連続の赤字と利益の回復が遅れている。赤字計上から純資産は前年度末から108億4800万円減少し、320億1400万円だった。

 

消費増税後の消費低迷に加え、新型コロナの影響で繁忙期の新入学・入社式、就活の需要が落ち込んだ。その後もテレワークの広がりなどから来店数の回復が遅れた。また、2019年9月に資本業務提携し、今年9月に連結子会社化したバッグ製造販売の(株)サマンサタバサジャパンリミテッド(TSR企業コード:293842310、東京都港区、東証マザーズ)の不振も響いた。

 

コナカは、長年スーツ市場でしのぎを削ってきた百貨店の紳士服売り場に本格的に出店する。また、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」にコナカとして初めて「SUIT SELECT(スーツセレクト)」を出店する予定で、巻き返しを図っていく。

 

同日公表した2021年9月期(連結)の売上高は791憶4700万円(前年比65.4%)、営業利益5憶3900万円、純利益1億3600万円と増収、黒字転換を見込む。

 

紳士服業界の低迷が続いている。業界首位で「洋服の青山」を展開する青山商事(株)(TSR企業コード:720045720、福山市、東証1部)は、2021年3月期(連結)の純利益が292億円の赤字を見込む。正社員の1割にあたる400名の希望退職を初めて募集するほか、全店舗の2割にあたる160店舗の閉鎖も公表している。

「AOKI」などを運営する(株)AOKIホールディングス(TSR企業コード:292080697、横浜市都筑区、東証1部)も2021年3月期(連結)は純利益が53億5000万円の赤字見通し。(株)はるやまホールディングス(TSR企業コード:710025203、岡山市北区、東証1部)は2021年3月期(連結)の業績予想は新型コロナの影響で未定だが、2020年4-9月(連結)では純利益25億4400万円の赤字と苦戦している。

あわせて読みたい

「コナカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    トランプ大統領「4年後会おう」

    ロイター

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    竹中氏「菅首相の突破力は見事」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  10. 10

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。