記事
  • ロイター

バイデン氏、米中関係の仕切り直し可能=AIG元CEO


[18日 ロイター] - 米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)<AIG.N>の元最高経営責任者(CEO)で、現在スター・インシュアランス・カンパニーズの会長を務めるモーリス・ハンク・グリーンバーグ氏は18日、米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領の下で、米中が関係を仕切り直し、両国が恩恵を受ける可能性があるとの見方を示した。

同氏は、ロイターが主催した保険業界の会議で「バイデン氏は問題を把握している。関係を仕切り直すことが可能であり、そうすべきだ」と述べた。

グリーンバーグ氏は95歳。40年以上前に初めて中国を訪れ、AIGのCEOとして中国市場を開拓した。

同氏は、中国政府が13日にバイデン前副大統領に祝意を表明したことについて、バイデン氏は中国の呼び掛けに応じるべきだと主張。

トランプ大統領については、米中の通商関係のバランスを取ろうと努力したとして、一定の評価を示しながらも、対中強硬姿勢が成功を収めたとの認識は示さなかった。

グリーンバーグ氏は「(トランプ氏は)恐らく急ぎすぎた。極端だった。(バイデン氏には)恐らく途中で折り合えるチャンスがあるだろう」と述べた。

グリーンバーグ氏は、中国の習近平国家主席にも課題は残されていると指摘し、東南アジア諸国に対する中国の姿勢を批判した。

タイ、マレーシア、フィリピン、カンボジアの米大使館は、中国が他国の主権を侵害していると批判。昨年、メコン川流域で干ばつが発生した際、中国がダムを操作していたと訴えている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。