記事
  • ロイター

米商務省高官コーデル・ハル氏退任へ、対中貿易政策に尽力

[18日 ロイター] - 対中貿易政策の策定に尽力してきた米商務省の高官、コーデル・ハル氏が12月4日付で退任することになった。ハル氏は過去1年間、同省の産業安全保障局を率いてきた。

この期間に同省は中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]への部品供給などを一段と制限した。

また、中国の軍民融合政策に対応するため輸出規制を強化。中国政府によるウイグル族などイスラム系少数民族への弾圧に関与しているとして、監視カメラ大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)などを禁輸リストに追加するなどの措置も講じた。

ハル氏はインタビューで「重要な国家安全保障問題でわれわれが達成できたことを誇りに思う」と述べ、民間セクターで新たな課題に取り組むことを決断したと明らかにした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    「大阪に比べ東京は…」医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  5. 5

    コロナ宿泊療養施設の処遇に呆れ

    猪野 亨

  6. 6

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  7. 7

    日本モデルに再現性ない 報告書

    文春オンライン

  8. 8

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  9. 9

    コロナ終息後に旅行業界は混乱か

    後藤文俊

  10. 10

    レクサス事故 被告の放言に唖然

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。