記事

「いじめ」と「自殺」と「地獄」 - Saengduan M.

日本では、「いじめ」と「自殺」の問題がますます深刻になっている。テレビでニュースになるたびに、私は「なぜ日本はいじめや自殺が多いのか」といつも不思議に思っていた。そしたらある日、「地獄」という絵本が話題になって、多くのテレビ番組で取り上げられていたのを見て、その理由を私は理解することができた。要するに、日本では「命の大切さ」が教えられていないから、「いじめ」や「自殺」が絶えないのだ。

この「地獄」という絵本は、悪いことをした人間が死んだ後地獄におちて罰を受けている絵図が描かれている。鬼が人の胴体を切ったり、大きい窯に煮たり針で刺したり、嘘をついたらどうなるか、他の生き物を痛めたらどうなるか、痛々しくて怖い絵が描かれている。テレビでは「絵が怖いから子供のしつけに効く」ことで取り上げられていた。「子供を脅かすのは良い育て方ではない」として、この本を拒否する親もいる。元々この本は、仏教の教えを伝えるもので、子供を脅かすことが目的ではなく、本来は「命の大切さ」を教えるためのものである。

タイは仏教国なので、これらの話は小学校の授業で教えられている。虫、動物、他の人間はもちろん、自分自身も痛めつけてはいけない。親を悲しませることは最大の罪である。自ら命を落とすというのは、罰が大きくなるだけで楽になることはない。だから、いじめも自殺も、タイではあまり聞かれないのだろう。

宗教的に考えることを、日本人は嫌がるかもしれない。「絵が怖くて、子供が脅えてトラウマになるだけだ」と考える親もいるだろう。この本の影響は、子供の性格や気質にもよるし、大人のフォローも必要不可欠だが、たとえ怖いトラウマになったとしても、大人になって「悪いことはしちゃいけない」ということが自然に身につくことになる。だから、この「地獄」という絵本は子供の教育に必要な一冊だと私は思う。

A Power News 記者:Saengduan M.

あわせて読みたい

「ライフ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  3. 3

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  6. 6

    「日本式の漫画は韓国・中国に惨敗」『ドラゴン桜』のカリスマ編集者が挑む"ある試み"

    PRESIDENT Online

    05月16日 15:26

  7. 7

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  10. 10

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。