記事
  • ロイター

米アップル、アップストア手数料15%に半減 小規模業者対象


[18日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は18日、アプリ販売サイト「アップストア」の年間販売額が100万ドル以下のアプリ開発業者を対象に、販売手数料率を30%から15%に引き下げると発表した。来年1月1日から適用する。

今年の販売額が100万ドル以下の業者は、来年の手数料率が自動的に15%となる。翌年に収益が100万ドルを超えると、その年の残りの期間の手数料率は30%が課される。収益が100万ドル以下になれば、翌年に15%が適用される。対象となる業者の詳細は来月発表される。

エピック・ゲームズのティム・スウィーニー最高経営責任者(CEO)は、手数料引き下げについて「アプリ業者を分断し、アップストアと決済の独占をアップルが維持することを狙った対応でなければ、喜ばしいことだ」と述べた。

アップストアでの販売手数料を巡っては、アプリ価格を押し上げ、消費者の選択肢を奪っているとして、マイクロソフト<MSFT.O>やスポティファイ・テクノロジー<SPOT.N>、マッチ・グループ<MTCH.O>などソフトウェア大手のほか、多くの新興・中小企業から批判を受けていた。

ムーディーズは、手数料の引き下げによる影響はアップルの売上高と営業利益の1%未満になるとし、アップルは多くの小規模開発業者からの営業権による恩恵を受けるとの見方を示した。その上で、今回の決定は格付けにとりプラスだと指摘した。

センサー・タワーの分析によると、アップルの「iOS」の開発業者のうち97.5%は年間販売額が100万ドルに満たない。これらの開発業者のアップストアの2019年売上高への貢献はわずか4.9%だった。

アップルが支援する団体「アップ・アソシエーション」は声明で、「小規模事業者のための手数料引き下げにより、業者は新たな製品とサービスの開発に向けリソースを充てることが可能になる」とした。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  6. 6

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  7. 7

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  10. 10

    小林麻耶の降板番組 3月末で終了

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。