記事
  • ロイター

ユーロ圏CPI、10月改定値は前年比-0.3% 3カ月連続の低下


[ブリュッセル 18日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した10月の消費者物価指数(CPI)改定値は前年同月比0.3%低下した。3カ月連続の低下で、4年ぶりの低水準に並んだ。

速報値から修正はなかった。エネルギー価格が前年同月比で8.2%低下した。9月のCPIも、前年同月比で0.3%低下していた。

10月のCPIは前月比では0.2%上昇した。

品目別では、食品・アルコール・たばこ価格とサービス価格がCPI上昇率をそれぞれ0.38%ポイント、0.19%ポイント押し上げる要因となったが、エネルギー価格が0.81%ポイント押し下げる要因となった。

エネルギーを除く工業品も、CPI上昇率を0.03%ポイント押し下げた。

欧州中央銀行(ECB)がコアインフレ率と呼ぶ未加工食品とエネルギーを除いた指数は前月比0.1%上昇、前年比0.4%上昇。

未加工食品とエネルギーに加え、アルコール、たばこを除いた指数は、前月比0.1%上昇、前年比0.2%上昇だった。

ECBは中期的なインフレ率目標を「2%を下回るが、2%に近い水準」としている。

国別では、スロバキアのCPI上昇率が1.6%で最高。次にオランダの1.2%、オーストリアの1.1%が続いた。

CPIの低下率が最も大きかったのはギリシャの2.0%。次にエストニアの1.7%、アイルランドの1.5%が続いた。

ドイツとイタリアではCPIが低下。フランスは0.1%の上昇にとどまった。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  6. 6

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  8. 8

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  9. 9

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  10. 10

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。