記事

2ショット写真「妻のように振る舞う愛人」近藤真彦が陥った“権力”への慢心 - 「週刊文春」編集部

 11月17日、所属するジャニーズ事務所より無期限の「芸能活動自粛処分」が発表されたマッチこと近藤真彦(56)。「週刊文春」11月19日号が報じた、25歳下の美人社長・A子さん(31)との「略奪5年不倫」を受けてのものだった。近藤は、A子さんとの不倫交際は「事実である」と認めた。

【画像】近藤のジャケットを羽織るA子さん


活動自粛が発表された近藤真彦 ©文藝春秋

 近藤が、上場企業の社長秘書を務めていた妻と結婚したのは1994年。2007年には男児も授かった。だが15年、A子さんと知り合い、当時同棲相手がいたA子さんを略奪する形でのめり込んでいったのである。

 以前から不倫が露見することを恐れていたA子さんに、近藤はこう言い放っていた。「俺は(不倫記事を)揉み消せる権力を持っている」。

 その慢心は、妻に不倫が露見する危機に瀕しても揺るがなかった。近藤とA子さんの関係を知っていた男性が明かす。

「奥さんの横で、寝言でA子さんの名前を呼んでしまったこともあるそうです。『あの時はやばかった』と苦笑いしていました」

 そのうち、2人の行動は大胆になっていった。

「マッチがテレビ局幹部との食事会にA子さんを連れて行ったこともあった。彼女は悪びれもせず『旅行に行く時は、彼が私の友人の旅費も出してくれるんです』などと自慢げに吹聴。お開きの段には、マッチに『皆さんにタクシー代をあげて』と促すなど、妻のように振る舞っていた。ただ、話題がマッチの奥さんに及ぶと、途端に機嫌が悪くなった」(在京テレビ局関係者)

 週刊文春の報道後、近藤の不倫問題をほぼ報じなかった在京テレビ局のワイドショーやスポーツ新聞。だが、ジャニーズ事務所から自粛処分が発表されるや、まるでジャニーズの“解禁”を待っていたかのように一斉に報じ始めたのである。

 処分発表に至るまでのジャニーズ事務所やテレビ局の動き、妻が近藤に突きつけた一言、そして、発表直前に捉えた近藤真彦の姿。複数の新たな写真を含め、詳細は11月19日(木)発売の「週刊文春」報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年11月26日号)

あわせて読みたい

「近藤真彦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    トランプ大統領「4年後会おう」

    ロイター

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    竹中氏「菅首相の突破力は見事」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  10. 10

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。