記事

政党としての存在意義を失いかねない政党と、小さくともキラリと光る政党との違いは、どこにあるか

ゴルフ党に改名したら、まず政党支持率が激減しそうなのが、NHKから国民を守る党である。

立花氏にしては珍しく、話題作りに失敗してしまったようだ。

それなりの地方議員を擁しており、やりかた次第では国政レベルでもそれなりの存在感を発揮できるようになるのではないかと思っていたが、ゴルフ党に改名してしまったら、NHKに対して色々不満を抱いておりN国党にそれなりに期待していた方々も興醒めだろう。

維新も、党としての一丁目一番地の大阪都構想の実現という金看板を降ろさざるを得なくなったが、行政制度改革や国会改革、憲法改正などの旗印まで降ろすわけではないから、依然として改革政党を名乗り続けることが出来る。

立花氏の迷走ぶりがどうもおかしい。

これでは、次の衆議院選挙にまともに候補者を擁立出来なくなるのではないか。

そういう意味では、国民民主党も社会民主党もまともである。
ずいぶん小さくなったが、しかし、小さくともどこかキラリと光り輝いているところがある。

あわせて読みたい

「立花孝志」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。