記事

職場に親友って必要? 仕事のパフォーマンスにも影響する「友情」の話

1/2

お互いの健康のために社会的距離を保たなければならない今、職場で良好な友人関係を維持することは、最優先事項ではないのかもしれません。

友情の専門家であるシャスタ・ネルソンさんは、「職場に友だちをもつことは、自分が幸せになるためだけでなく、チーム、リーダー、ビジネス、社会のためにも非常に重要だ」といいます。

職場における友情の重要性と、それらを育む方法について、Kintopia 編集長のアレックス・ストゥレが取材しました。

※この記事は、Kintopia掲載記事「The Pandemic is Jeopardizing Workplace Friendships. We Can't Let That Happen.」の抄訳です。

仕事に限らず、私たち人間には「友情」が必要


僕が仕事を始めたころ、職場はビジネスの場であって、友だちをつくるのは「おまけ」のように考えられていました。

でも、シャスタさんの研究によれば、この考え方は健全とは言えないようです。なぜ職場に友だちが必要なのでしょうか。


それは仕事に限らず、「私たち人間には、友情が必要だから」です。

ほとんどの人は、有意義な人間関係を求めています。

世界中で孤独を感じている人の数がとても多いのは、全体的に何かがうまく機能していないからで、他者との関係性やつながり方を見直す必要があります。


でも、多くの人は交友関係を見直す暇なんてないくらい、毎日忙しく感じていますよね。



効率的に人間関係を広げていく必要があるなら、まず1日のうちで「最も長い時間を過ごす場所」から始めたらいいのではないでしょうか。

子どものころに通っていた学校と同じように、職場では定期的に同じ人たちとやりとりをします。孤独を感じたまま1日を終えるなら、他者との関係を望む気持ちが満たされないと言ってもいいでしょう。

友情は人の幸せに大きく関わっています。

身体的、精神的な健康にも欠かせません。仕事の満足度にも常に関係しているので、とても大切なことなのです。

シャスタ・ネルソン。職場における健全な人間関係や友人関係の専門家。神学修士。講演や執筆を通して、社員のエンゲージメント、チームの文化、売上、社員の採用や定着の直接的な関係性に光を当てている。健全な人間関係を構築するための戦略指導も行い、個人の幸福や健康にも貢献。ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ロサンゼルス・タイムズといった有力紙や雑誌にも取り上げられている。2020年には最新刊の『The Business of Friendship: Making the Most of the Relationships Where We Spend Most of Our Time(仮訳:友情とビジネスー職場の人間関係を最大限に活かす方法)』を上梓


社会的、心理的に友情が重要であることはわかりました。

ビジネスの面ではどうでしょうか。


まさにビジネスにおける友情の科学的根拠について書いたのが、最新刊『The Business of Friendship(仮訳:友情とビジネス)』です。

職場での友情が、離職率の低下、従業員のエンゲージメントや顧客サービスの向上につながるという研究は、長年行われています。

ギャラップ社が過去20年間に行った国際的な調査では、「最も優秀な従業員は、職場に親友がいる」という結果が出ています。マイヤーズ・ブリッグス協会など、ほかの組織が行った研究でも、この結果を裏付けています。


エンゲージメントが高いと、どのようなことが起こるんですか?



会社へのエンゲージメントが高ければ、従業員は努力を惜しまなくなります。所属するチームには「成功してほしい」と思うので、コミュニケーションにも力が入り、「知らないことは知らない」と認められるようになります。

さらに、安心感が高まり、サポートされていると感じます。その結果、顧客への対応も改善するでしょう。


なるほど。健康面ではどうでしょうか?



健康面でも興味深い調査結果が出ています。

従業員が「自分の体験を他者と共有できる」と感じていると、レジリエンス(跳ね返す力)が培われるそうです。

従業員のレジリエンスがあるからこそ、会社が急激なショックに見舞われても、衝撃から立ち直り、ストレスの多い状況でも前進し続けることができます。

不確実性の高い時代だからこそ、ビジネスには健全な人間関係が不可欠なのです。

「友情」とは、お互いの存在が認識され、安心と充足がある関係


シャスタさんが、友情をどのように定義しているのか教えてください。

たとえば、今回の取材は、どの程度の友情になるのでしょうか。


私は、友情を「お互いが認識されていると感じ、そこに安心と充足がある関係」と定義しています。

このインタビューのような対話は、最も浅いレベルの友情です。

お互いに自分の存在が認識されていると感じ、価値観が共有され、会話に安心感があり、最後には気持ち良く交流を終えられる関係です。

こうした交流を続ければ、友情は深まります。

アメリカのある研究によると、他人から知り合いになるまでに50時間、友だちになるには80から100時間、そして親友だと感じるには200時間かかるそうです。


多くの時間を過ごす必要があるんですね。



もちろん一緒に過ごす時間だけではなく、何をするかも大切です。「職場で席が隣」というだけでは不十分。意味のある対話が必要です。

子どもの頃は誰かと充実した時間を過ごすのは簡単だったと思いますが、大人になると、「継続的に一緒に過ごす時間」を意図的につくる必要があります。

時々一緒にランチを食べて楽しむくらいでは、「自分が認識されていて、日常生活の中でサポートを受けている」とは感じられないかもしれません。


職場の同僚に対してフレンドリーに振る舞うのは簡単ですが、親友をつくるとなると難易度が高い気がします…。

本当に職場に親友が必要なのでしょうか? 普通の友だちがたくさんいるだけではいけませんか。


友情のレベルによって、目的も変わってきます。

全員が親友をつくる必要はありませんが、職場における親友の存在は大きいです。

先ほどのギャラップ社の調査では、「職場に親友がいる」という質問に対して、反発の声が多く寄せられました。

主任研究員によれば、別の質問も試してみたそうですが、「親友」という言葉とエンゲージメントの関係性が強かったため、あえて「親友」という言葉を残したそうです。

友情は「積極性」「一貫性」「脆弱性」からできている


職場で友情を育むには、何が必要でしょうか。



基本的に必要なのは「積極性」「一貫性」「脆弱性」の3つです。

「積極性」とは、お互いにポジティブな体験をもたらします。喜び、刺激、誇り、感謝、笑い、共感、楽しみなど、お互いに心地良くなる感情です。

私たちが友だちをつくるのは、こうした対話が心地良いからです。

「一貫性」とは、時間をつくり、信頼を獲得し、自分から行動を起こすことです。楽しい時間を過ごすだけでは、必ずしも友情にはつながりません。繰り返し体験を共有する「一貫性」が必要になります。

思い出をつくりたければ、お互いに時間をつくって顔を合わせるしかありません。一貫性がなければ、信頼も生まれません。

「脆弱性」とは、素の自分をさらけ出し、必要ならば非を認め、許したり、謝罪したりするタイミングを知っていることです。

お互いの性格を理解し、相手の反応を予測できることです。関係が密であればあるほど、批判を恐れずに弱みをさらけ出せます。

研究者によって言葉は違いますが、この3つがどの友人関係にも当てはまる、核となる要素です。


最後の「脆弱性」ですが、職場で弱みを見せるのは難しいケースもありそうですね。



「脆弱性」は段階的に実施されるもので、一気にすべてをさらけ出すわけではないと知っておくと良いでしょう。

安心で信頼できる職場環境をつくろうとしているならば、この点は特に重要です。

「積極性」と「一貫性」も交えて、相手に見せられる弱い部分も少しずつ増えていき、時間と共に「脆弱性」も増加していきます。


和やかな対話はできるとしても、職場では「持ち出さないほうが無難だ」ととらえられる話題もたくさんあります。

たとえば給与、昇進、政治、宗教、恋愛関係といった話題をタブー視するのは古い考え方ですか?


どれだけ親しい間柄でも、不適切な話題はあります。

内容によって相談相手を変えた方がいい場合もありますが、だからといって、給与のような話題を常にタブー視する必要もないと思います。

「脆弱性」にとって一番大切なのは、「積極性」と組み合わせることです。

もしあなたが給与の話をするなら、自慢話だけで終わらせてはいけません。少なくとも相手の気分が良くなるような話し方をしましょう。

自分の収入が相手よりも高いとしたら、相手が昇給する方法を一緒に考えれば、絆が深まりキャリアにも繋がるかも知れません。情報の開示がゴールではなく、話が終わった時に、お互いの気分が晴れていることが大切です。

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  5. 5

    トランプ大統領「4年後会おう」

    ロイター

  6. 6

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  7. 7

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  8. 8

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  9. 9

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  10. 10

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。