記事
  • ロイター

ゾンビ企業恐れ、プリマチュアに緩和終了は適切でない=日銀総裁


[東京 18日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は18日、衆院財務金融委員会で、経済が持続的な回復軌道に乗り物価安定目標が実現されようとしているタイミングではないときに、ゾンビ企業の出現を恐れて「プリマチュア(拙速)に金融緩和をやめるということは適切ではない」と述べた。「景気後退の時に、金融政策が非常に重要な役割を果たすということは事実だ」とも指摘した。前原誠司委員(国民民主党・無所属クラブ)の質問に答えた。

前原委員は、金融緩和によって「本来なら市場から退出しなければならない企業が残っている」と指摘。ゾンビ企業の存在が日本の潜在成長率の低迷の一因になっているのではないかと問いかけた。

(和田崇彦)

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

  10. 10

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。