記事
  • ロイター

自動車の電化は不可欠、海外の環境規制しっかり注視=加藤官房長官


[東京 18日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は18日午前の会見で、英国政府がガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止する時期を2030年に前倒しすると発表したことに関して、海外の規制動向をしっかり注視していく考えを示した。また、温暖化ガス排出ゼロの目標に向け、自動車の電化の必要性も強調した。

同長官は「英国市場については、日本の自動車メーカーにとって重要な市場であるほか、自動車販売は8割が海外向けだ」と述べ、海外の環境規制は影響が大きいとの認識をにじませた。

また、日本も2050年に温暖化ガスの排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の目標を掲げていることから、「実現にはガソリン車から電気自動車などへの電化は不可欠だ」と述べた。また自動車のみならず幅広く検討する必要があるとの方針も示した。その上で「来年11月のCOP26(第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議)の前に地球温暖化対策計画の見直しを目指している。2050年カーボンニュートラル目標についても検討していく」考えを示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。