記事
  • ロイター

米環境保護団体、バイデン次期政権の人事で圧力


[ワシントン 17日 ロイター] - 米国の環境保護活動家らは、バイデン次期米大統領に対して、石油産業との関係が深い人物を政権の要職に起用しないよう圧力を強めている。ある環境団体は17日、石油・ガス産業から寄付を受けた議員をバイデン氏がホワイトハウス高官に指名したことを強く批判した。

トランプ大統領は地球温暖化対策を軽視し、石油や天然ガスの採掘規制緩和を進めたが、環境保護活動家らは、バイデン次期政権が気候変動問題により積極的に取り組むよう期待している。

環境団体サンライズ・ムーブメントは17日、バイデン氏が外部団体とのやりとりなどを担当する大統領上級顧問にセドリック・リッチモンド下院議員を充てると発表したことを受け「裏切られたように感じる」とコメントした。

リッチモンド氏は、バイデン氏の選挙運動の共同議長を務めたが、政治資金の記録を管理するオープン・シークレッツによると、同氏は2007年以降、複数の石油・ガス企業から34万0750ドルを受け取っている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。