記事
  • ロイター

新型コロナワクチン普及でも短期的な消費拡大見込めず=調査


[ベルリン 17日 ロイター] - 調査グループ、ダイネータが実施した調査で、新型コロナウイルスのワクチン開発と供給が実現すれば観光業界の見通しが改善する可能性があるものの、短期的な消費支出拡大につながる公算は小さいことが分かった。

調査は、ドイツ、フランス、英国、米国、オーストラリアで

5000人以上に実施。ワクチンが広範囲に入手可能になったらどのように行動を変えるかと質問した。

その結果、回答者の61%が再び友人や親戚を訪ねるとし、もっと頻繁に外出するとの回答が53%だった。

ドイツと英国では、回答者の約半分が休暇で再び海外に行きたいと回答した。

全体を通じて、回答者の2人に1人がマスク着用の必要がなくなるのが楽しみと答えた。支出を増やす、あるいはこれまでより貯蓄に注意を払わなくなるとの回答は12%にとどまった。

春の感染第1波の際には、多くの消費者が自宅滞在を余儀なくされたほか、店舗が閉鎖されたことから、ドイツでは貯蓄率が倍増し20%となった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  8. 8

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  9. 9

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。