記事
  • ロイター

原油先物は下落、米在庫の予想以上の増加で


[東京 18日 ロイター] - 原油先物価格は18日、米原油在庫が予想以上に増加したことを受け、下落している。ただ、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの主要産油国が21年1月から予定する減産規模の縮小を見送るとの観測が相場を下支えしている。

0142GMT(日本時間午前10時42分)時点でブレント先物(1月限)<LCOc1>は0.14ドル(0.3%)安の1バレル=43.61ドル。 米WTI先物(12月限)<CLc1>は0.25ドル(0.6%)安の41.18ドル。

米石油協会(API)が発表した週間統計によると、原油在庫は420万バレル増加し、増加幅はアナリスト予想の170万バレルを大きく上回った。

OPECとロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は17日、共同閣僚監視委員会(JMMC)を開いた。サウジアラビアは、石油市場のニーズに対応するため柔軟性を持つよう呼び掛けた。

関係者が今週初めにロイターに明らかにしたところによると、OPECプラスは石油価格支援に向け、来年1月に予定している200万バレルの減産規模縮小を先送りすることを検討している。

アナリストは、OPECプラスが現行の減産規模を21年に入っても継続し、さらに、減産規模を拡大するかもしれないとの期待が相場を支えていると指摘。11月30日のOPEC総会まで、WTI先物は1バレル39─44ドルの間で推移するとの見通しを示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  7. 7

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  8. 8

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  9. 9

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

  10. 10

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。