記事

「病院の役割を明確にして集中している負担の軽減を図るべき」分科会委員

 政府の新型コロナ対策を検討する分科会の岡部信彦委員は、第3波とも言える状況について、「病院の役割を明確にして集中している負担の軽減を図るべき」と話した。

 内閣官房参与なども務める岡部委員は、コロナ対応が1年近く続いている状況で、一部の医療機関への負担が大きいとして、役割を分担し集中している負担を軽減すべきとした。また、感染が拡大し緊急事態宣言の出すような状況になった場合は、全国一律ではなく、地域の実情に合わせるべきと話した。

 さらに、東京オリンピックについては「競技にあたって検査能力の拡充ももちろん必要だし、ワクチンがあるだろうというのは前提にしないほうがいい。むしろワクチンがなくても(対策が)できるというような方法を考える必要がある」と対策の難しさをにじませた。(ANNニュース)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。