記事

半沢直樹人気で歌舞伎界に起こった「序列倍返し」の逆転現象



 12月1日から幕を開ける歌舞伎座「十二月大歌舞伎」が俄かに注目を浴びている。一部では片岡愛之助(48)と尾上松也(35)が共演、二部に香川照之(市川中車・54)、三部に市川猿之助(44)が出演し、「半沢組」が大集結しているからだ。

 ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の人気は放送終了後も続き、番組内で披露された「顔芸」や「恩返し」のセリフは今年の流行語大賞にもノミネートされている。

「松竹歌舞伎会会員向けの先行発売では、各回ともに近来まれにみる売れ行きです」(演芸記者)

 今月1日から上演されている歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」でも大きな異変が起きている。

「猿之助さんが主役を演じる一部のチケットは初日から完売が続出。そのほか香川さんの息子・團子くんが出演する四部も人気です」(同前)

 その一方で、松本白鸚(78)、中村芝翫(55)ら“大物”が出演する三部の演目は、寂しい客入りだったという。

「初日から空席よりお客さんの座る席を数えるほうが早く、役者の『人気格差』が露呈した。白鸚さんも芝翫さんも、梨園では格の高い“名家”の重鎮で、人気を博していたのですが」(同前)

 この現象を受け、松竹内部にも大きな変化が起きているという。

「松竹はコロナ禍で営業損失14億円の大赤字。今後は、“家の格”ではなく、チケットの売れる“人気役者”を出す方針になるのでは」(松竹関係者)

 歌舞伎は代々、名家の御曹司たちに優先的に“主役”が与えられてきた歴史がある。

「猿之助と香川が所属する澤瀉屋は傍流とみられていた。しかし“半沢ブーム”が追い風となり、松竹は香川や猿之助をはじめ、同じく“主流”ではなかった愛之助、松也らの人気にあやかろうとなったんです」(同前)

 歌舞伎界でも「倍返し」の下剋上が始まった。

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号

あわせて読みたい

「半沢直樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    トランプ大統領「4年後会おう」

    ロイター

  8. 8

    竹中氏「菅首相の突破力は見事」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  10. 10

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。