記事

《元教え子の下着ドロ棒》売れっ子マーケティング准教授「痕跡なし」の不気味すぎる侵入手口 - 末家 覚三

 下着泥棒は、自宅に傷一つ遺さず、家に出入りしていた。元教え子の下着を盗んだなどとして神奈川大経済学部元准教授の岩下仁容疑者(41)が住居侵入と窃盗の疑いで警視庁に再逮捕された。複数の大学にマーケティングの講座を持っていた売れっ子准教授はいかにして元教え子の自宅に侵入し、下着を盗んだのか。

【画像】早大商学部卒の犯人の顔写真入りプロフィール

神奈川大学(空撮) ©️時事通信社

 自宅から突然、下着が1点なくなったのに東京都板橋区の20代の女性が気付いたのは今年2月下旬から3月上旬にかけてのことだった。

 下着泥棒にあう心当たりなど当然なかったが、不気味だったのは、自宅に目立った侵入痕がなかったことだ。窓も割られておらず、ドアなどにこじ開けたような形跡もない。では、泥棒はどうやって侵入したのか――。

 相談を受け付けた警視庁志村署の捜査線上に浮上したのは、意外な人物だった。当時、神奈川大学で消費者行動論を担当していた岩下容疑者。女性が以前、岩下容疑者の別の勤務先で講座を受講したこともあり、親しくしていた。

 志村署は10月6日、最初の窃盗容疑で岩下容疑者を逮捕した。下着の窃盗ではなく、カギの窃盗容疑だった。昨年7月、女性が岩下容疑者に都内の喫茶店に呼び出された際、女性が席を外した隙にバッグからカギを盗んだ疑いが持たれている。志村署は、そのカギで合鍵を作成し、女性宅に侵入したとみている。

 犯行の半年以上前から女性宅にこっそり忍び入る下準備を進めていたことになる。用意周到と言えば周到。だが、捜査する側にとってみれば、カギを盗んで合鍵を作る手口は、僥倖だったともいえるかもしれない。最近は、さらに悪質でしかも手軽な手口が広がり始めているからだ。

カギ番号だけ、現物なしでも15分で合鍵

 岩下容疑者は、盗んだカギの現物を使って合鍵を作成したとみられる。だが、最近は現物すらなしに合鍵を作れるサービスを悪用した不法侵入の手口も明らかになっている。

 分水嶺とされるのは2016年に検挙された不法侵入事件だ。

 住居侵入容疑で愛媛県警に逮捕された病院職員の男は、マンションの管理会社を装って愛媛県松山市の女子大生の自宅を訪問。自宅のカギを提示させ、そのカギ番号をメモした。そして、そのカギ番号をもとにネットで注文するだけで、合鍵を作成していたことが発覚したのだ。

 最新式のカギは住所などの照合が必要なものの、多くのメーカーのカギは、カギ番号さえあれば複製できる仕組みができている。

 岩下容疑者のように現物を盗む危険を冒さなくても、席を外した隙にカギの画像を撮影するなり、番号を控えるなりで、合鍵を作るには十分な情報が得られてしまうのだ。

 カギ番号が隠されていたとしても、現物さえあれば、最短で15分程度で合鍵を作成するサービスもある。協力者がいれば、カギを盗み、合鍵を作成し、気付かないうちにカギをバッグに戻す、という芸当すらできた可能性がある。そうなると、捜査はさらに難航しただろう。その意味で、警視庁志村署は岩下容疑者の旧態依然とした手口に助けられたともいえる。

 ただ、研究内容はむしろ、時代の先端を行っていたようだ。

「ターゲットとなる顧客のハートを掴む」売れっ子研究者

 岩下容疑者はまだ新進の准教授ではあるものの、複数の大学で講座を持つ売れっ子だった。

 早稲田大大学院商学研究科で博士課程を修了後、花王、野村総合研究所など民間での経験を経て同大商学学術院の助手に採用。九州大大学院で専任講師を務めた後、神奈川大経済学部の准教授に抜擢されるが、その前後から、日本経済新聞社の日経ビジネススクールや立教大などでも講座を持つなど、全国を飛び回って全国に教え子を育んでいた。

 専門はマーケティング。象牙の塔にこもらず、さまざまな業界の最前線の担当者にヒアリングを重ね、現在進行形の商業活動から教訓や理論を導き出し、著書も多数、世に問うてきた。

 18年には「医療マーケティングの革新」を有斐閣から共編著として出版。「特殊性が高いとされる医療業界を取り上げた、類書の少ない貴重な研究書」との評価を得るなど、研究の分野でも成果を上げ始めていた。

 今年4月には都内のシステム会社のブランディング戦略顧問に就任。「成長の一助となる、正しいマーケティングやブランディングの仕組み作りのお手伝いができればと思います」と意気込みを語ってもいる。

 教育に研究、そして実業の面での華々しい成果はしかし、私生活には必ずしも生かせるものではなかったのかもしれない。事件発覚後、神奈川大は岩下容疑者との契約を打ち切った。

「正しいマーケティングやブランディングを行なえば、高い確率で、ターゲットとなる顧客のハートを掴む優れたサービスや製品の開発が可能です」

 と戦略顧問就任時には語っていた岩下容疑者。苦労の末に元教え子の下着を手にして、何を思っていたのか。確かなのは、教え子のハートはついに掴むことができなかった、ということだ。

(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「窃盗」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  3. 3

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  4. 4

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  7. 7

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  8. 8

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  9. 9

    みのもんた パーキンソン病告白

    文春オンライン

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。