記事

【私の主張】国家の基軸を取り戻し誇りのもてる国づくりを 自主憲法を制定し「強い日本」の構築 党北海道第3選挙区支部長 高木 ひろひさ(52)

画像を見る 画像を見る

「デフレ脱却と経済成長の実現を」と街頭演説する、高木ひろひさ支部長

この3年間の民主党政権の迷走が日本を弱体化させ、国難ともいうべき状況を招いています。長引く円高・デフレで、国内需要は萎縮し、経済活動は縮小の一途をたどり、地域経済は疲弊しきっています。社会保障はその展望も開けず、国民は将来に不安を抱いています。

また、外交では、尖閣諸島をめぐる中国の攻勢や竹島、北方領土など日本の領土が脅かされています。

そして、日本社会に目を向けると、国家・国益意識の希薄化、モラルの退廃、倫理観の喪失、家族の分裂、教育現場の荒廃など国家の基軸が揺らいでいます。

今、国民が政治に望んでいるのは、一にデフレを脱却し、経済再生を図ること、二に安心と同時に安定した社会保障制度を構築すること、そして外交・安全保障の立て直しではないでしょうか。

重要な課題であるデフレ脱却と経済成長を実現するためには、量的緩和をはっきりと打ち出す必要があります。そして、量的緩和で生まれた資金を大規模災害に強いインフラの整備や全国的に老朽化が進んでいる道路、橋などの維持、更新・新設などの公共投資に仕向け、成長に結びつけていく政策転換が必要です。

成長を実現するもう一つの柱である「新産業創出」では、その実現のため、人材育成、食料・資源エネルギーの安定供給、科学技術振興を推し進める必要があります。

また、国の成長を実現するためには、国民が現在に安心を、未来に展望の持てる社会保障制度が確立されていることが前提です。世界に誇る国民皆保険制度は堅持し、医師が安心して医療サービスを提供できる環境の整備を着実に進めていくなど、社会保障制度の機能強化と効率化を図る一方で、給付に見合った安定的な財源を確保し、負担の先送りを断ち切る必要があります。

外交・安全保障の立て直しでは、いま一度日本外交の基軸は何なのかを再認識する必要があります。わが国の外交の基軸は日米同盟であり、アジア、太平洋地域、世界の平和と安定のためにこれをいっそう強化する必要があります。

尖閣諸島や竹島の問題を見ると、中国や韓国は、歴史認識を背景に強力な圧力をかけてきております。歴史認識とはいわゆる東京裁判史観、戦後レジームであり、ここからの脱却が求められるわけです。

冷戦終結後の現在は、国益をめぐる対立の時代でもあり、その中で独立国家として生き残っていくためには、歴史観、国家観など価値の体系をしっかりもたなければ政治も経済もうまくいきません。

領土問題、拉致問題、原発問題、経済問題など様々な問題が、複雑に絡み合い解決の糸口がつかめない原因は、国家の基軸が定まっていないからであり、根本的な問題、すなわち自主憲法制定を避けては解決できないと考えます。祖国が育んできた輝かしい価値観を再認識し、基軸を取り戻す必要があります。わが国を覆う危機的な状況を乗り切り、「強い日本」を構築していくことが求められています。

高木宏壽(たかぎ・ひろひさ)

昭35年4月9日札幌市生まれ。道立札幌月寒高校、慶応義塾大学法学部卒業。米国西ワシントン大学MBA取得。北海道拓殖銀行に勤務後、北海道警察で刑事課長などを歴任。その後、米国公認会計士として朝日監査法人、KPMG FASでリスクコンサルに従事。平成19年北海道議会議員選挙で初当選、政審筆頭副委員長などを務め現在2期。信条:原則と良識。趣味:ピアノ演奏

高木 ひろひさ事務所

〒062-0020札幌市豊平区月寒中央通5丁目1-15

TEL:011-852-4764   Fax:011-852-0221

E-mail:hiro@hirohisa-takagi.jp

高木ひろひさホ-ムペ-ジ

http://www.hirohisa-takagi.jp/

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  3. 3

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  4. 4

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  5. 5

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  6. 6

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    しまむら不振 ZOZOの一強確立か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。