記事
  • 畑恵

星を継ぐ者〜小柴昌俊先生を悼む

1/2

[画像をブログで見る]

巨星墜つ-

超新星爆発で生まれた素粒子「ニュートリノ」を世界で初めて観測し、2002年にノーベル物理学賞を受賞された小柴昌俊先生が12日、亡くなられました。

地下1000mの深さに、3000トンもの純水をたたえた巨大な水槽を設置し、約1000個の光センサーを取り付けて素粒子をキャッチしよう。

そんな気宇壮大な実験装置「カミオカンデ」を自ら考案し、実際に建造してみようと思う、その“発想”がまずは桁外れですが、当時3億5000万円もの巨費がかかり各所から反対に次ぐ反対の嵐に晒されながらも結局は実現させてしまう、その卓抜した行動力、交渉力、パワー、エネルギーもまさに桁外れで、あらゆる面で破格の研究者でした。

《レジリエンスの人》

小柴先生は旧制中学時代、ポリオ(小児まひ)にかかりその後遺症のため、幼い頃からの夢であった軍人か音楽家になるという道を諦めざるをえませんでした。

そんな小柴少年の病床を見舞ったのは、担任だった金子英夫先生。先生から贈られたアインシュタインとインフェルトによる『物理学はいかに創られたか』という本をきっかけに、研究の道を志すことになります。

病気が回復すると旧制一高(現在の東京大学教養学部)に進学しますが、職業軍人であった父が敗戦後に中国で捕虜となってしまったため家計を支えねばならず、家庭教師に加え米軍の荷揚げ作業や帳簿付けなどありとあらゆるアルバイトをしながら勉学を続けました。

逆境とも言える試練に幾度となく見舞われながらその都度跳ね返し,力に変えることで培われた不屈の人間力。

「カミオカンデ」の観測で、その力は遺憾なく発揮され、遂に花を咲かせます。

実は当初、カミオカンデはニュートリノではなく「陽子崩壊」の観測を目的に 建造されました。しかし4年近くあらゆる手を尽くしても、一向にその現象を捉えることはできませんでした。

そこで小柴先生は1987年、観測目標を陽子崩壊から「ニュートリノの検出」に切り替えます。

すると観測開始直後の2月、大マゼラン星雲で383年ぶりの超新星爆発が起こり、これまでとは桁外れの大量のニュートリノが地球に降り注いだのです!

しかも、それは小柴先生が東京大学を退官するわずか1か月前。

「一念天に通ず」とはまさにこのことですが、世界で初めてニュートリノを観測した功績により、小柴先生はノーベル物理学賞を贈られます。

全ての逆境を跳ね返し“逆転満塁ホームラン”の如きノーベル賞を手にされた小柴先生に,「コロナという試練に人類はどう立ち向かうべきか」お話を是非 伺いたかったと、今、心からそう思います。

《後進を育てる達人》

偉大な研究者であった小柴先生は、「後進を育てる達人」でもありました。

2003年にはノーベル賞の賞金などをもとに「平成基礎科学財団」を設立。

「すべての国民が一人年間1円をわが国の基礎科学に」というスローガンを打ち出し、多くの地方自治体に人口に相当する金額(例えば人口50万人なら50万円)を財団に寄付してもらうという画期的な呼びかけを行いました。

活動内容としては、基礎科学を理解してもらうため第一線の研究者らが講師となる「楽しむ科学教室」を全国各地で開催するとともに、理科教育に卓抜した業績をあげた教育者や活動団体を対象に「小柴昌俊科学教育賞」を授与しました。

また物理学者を対象として、病のため亡くなったお弟子さんたちの名前を冠し「折戸周治賞」と「戸塚洋二賞」を創設し授与しました。

ノーベル賞受賞が決まった際も、「これからの夢は教え子がノーベル賞をもらうことかな」と記者会見で語り、その言葉通り、師弟関係にある梶田隆章 東京大学宇宙線研究所長が、ニュートリノ振動の発見で15年にノーベル賞を受賞されました。

[画像をブログで見る]

そんな梶田先生にお会いするため、千葉県・柏市にある宇宙線研究所を訪ねた時のこと、小柴研究室から譲り受けたという木製の大机に出会いました。

置かれていたのは、研究所長室。

ただこの所長室、謙虚な梶田先生のお人柄そのままに、巨大な宇宙線研究所のトップの居室にしては驚くほど手狭で、ドアを開けるとドーンとその大机が部屋の半分を占めている、というような印象でした。

この机をはさんで梶田先生と面会させていただいたわけですが、机というよりはとびきり厚い一枚の“板”といった風体で、実に無骨で飾り気のない印象は、豪放磊落な小柴先生そのものでした。

梶田先生とお話しをしながら、チラチラ机の表面に目を落とすと、そこには無数の走り書きや数式、そして傷跡が刻まれています。

あぁ、きっとこの机の周りに小柴先生を囲んで、研究者たちが侃侃諤諤・自由闊達に日夜議論を闘わせていたんだろなぁ、と在りし日の熱気が剥き出しの木肌から立ち上って来るようでした。

「(世界で通用する研究者になるためには)自ら考えて解決策を模索する“能動的認識能力”こそが大きくものを言う」

「偉い先生が言うから、それに従うなんてのは、僕はおかしいと思う。自分がこうあるべきだと思うことをやらなきゃ」

いずれも小柴先生の言葉です。

作新学院の教育方針の第一に掲げる「自学自習」とも重なるこれらの名言は、読み返すたび胸が熱くなります。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。