記事

2012年のネット流行語大賞は、間違いなくヤフーの「爆速」であることを、ad:tech Tokyo 2012でまざまざと見せつけられた件について

先日、「もはや、ソーシャルメディアとマスメディアを分けてマーケティングを考えること自体が間違っている、ということをad:tech Tokyoで考える。」という記事で、ad:tech Tokyo 2012で自分が担当したセッションについての感想を書いておきましたが、今日はad:tech Tokyo 2012最終日のクロージング・キーノートについてメモしておきたいと思います。

今年のad:tech Tokyoの基調講演の締めを飾るのは、この方。

画像を見る

そうヤフーの宮坂社長です。

海外のスピーカーが務めるのが当然と思われていたad:tech Tokyoのクロージングキーノートを、日本人がするという点だけでも注目度の高さがうかがえると思います。


現在のヤフーの経営陣の刷新が発表されたのは今年の3月1日。
それからまだ半年も経っていないわけですが、一年前と現在のヤフーは、もはや全くの別会社と言って良いほど雰囲気が変わった印象があります。

私自身半年前にこんなブログを書いていましたが。
新生ヤフー経営陣には、とにかく何でも良いから日本のネットのドデカイ未来像を描いてもらいたいところ

私なんかが偉そうに想像していた姿よりも、はるかに爆速でヤフーはそのイメージを変えてしまいました。

そのあまりに速すぎる爆速な活動内容は、こちらにまとまっていますので見て頂ければと思います。
ヤフーの爆速が速すぎて見えなかったので調べてみた
リンク先を見る

まぁ、一つの会社の半年間の活動内容とは思えないほどまさに爆速です。


ad:tech Tokyoの基調講演においても、その勢いはまざまざと現れており。

プレゼンの最中にロート製薬さん、トヨタさん、サントリーさん、花王さん、と大手の広告主のインタビュー動画を差し込んでみたり、マーケティング部署の人事発表をしてみたり、とad:tech Tokyoの会場をまるでヤフーの会社説明会かのような雰囲気にしてしまいましたし。
宮坂社長の明確なビジョンと気合いのこもったプレゼンには、個人的にも非常に刺激を受けました。

画像を見る

さらには、当日、長年批判の対象であった第三者配信拒否の姿勢を緩和し、メインサイトからでは無く動画サイトのGyaoからではありますが、MediaMind社と連携して第三者配信を可能にするなど、広告の分野においても変化を受け入れることを宣言し、大きな注目を集めたわけです。

ヤフー、米ネット広告大手と業務提携 - 認定第三者配信アドサーバーに採用
(ネット広告業界外の人には、ヤフーが第三者配信を採用するのがどれぐらい大きな出来事なのかなかなか伝わらないと思いますが、長らく待ち望んだ方々にとっては日本のネット広告における歴史的な出来事で、おそらくad:tech Tokyo 2012は、今後もこの発表が行われたイベントとして記録に残ることになるのでは無いかと思います。)


実際問題、爆速というキーワードは、今年ヤフーの中だけで無く、ネット業界、広告業界でもかなり流行ったキーワードだと感じています。

プレゼンのスライドに爆速というキーワードが使われているケースも多く見られるようになりました。
爆速Tシャツを着てプレゼンする人も何度か見た記憶があります。


特に個人的に驚いたのは、6月にインドネシアのスタートアップイベントに行ったときに、ジャカルタの空港でマリッサ・メイヤー率いるGoogleのエンジニア集団がヤフーの爆速Tシャツを来ていたこと。

昔、マリッサ・メイヤーさんに、Googleの記者発表会でちょっとだけ話をさせて頂いたことがあったので顔を覚えていたのですが、ジャカルタ空港で私の前で入国審査をしていたので思わず話しかけたところ。
なんでも日本でヤフーを訪問してからジャカルタ入りしたそうで、エンジニアの何人かがすっかり爆速Tシャツを気に入って日本から着てきていたようです。
(まぁ、その1ヶ月後には当のマリッサ・メイヤーのYahooのCEO就任が発表されて、さらにビックリするわけですが)

「グーグルの女王」マリッサ・メイヤー氏が語るグーグル検索の進化の方向性
リンク先を見る

いくら国が違うと言っても、一応ライバル企業であるはずのヤフーの爆速Tシャツをグーグルのエンジニアが着てるって、凄いことですよね。
爆速は国境をも越えてしまうんだ、と感じてしまった瞬間でした。

正直、昨年までの5年間のヤフーは、自らのサイト周辺の出来事以外は全く興味が無いかのように振る舞っていた印象があったため、ネット業界の片隅に生きる人間としては、寂しい思いとともに、すっかりヤフーが我々ベンチャー会社のライバルになりうると言う事実が頭の選択肢から消えていましたが。

巨大なヤフーに、こんな生まれたばかりのベンチャーなみのスピード感で次々にサービスを展開されると、逆にちょっぴり恐怖感すら感じてしまいます。
眠れる獅子を起こしてしまった、というのはこういうことを言うんでしょうか。

画像を見る

ただ、眠れる獅子であるヤフーが目覚めたと言うことは、日本のネット業界を代表する企業が目覚めてくれたと言うことであり、日本においてインターネットの可能性や価値を一段高見に上げてくれるべきリーダーが目覚めてくれたと言うことでもあります。

現在の爆速の勢いそのままに、来年も今年まいた種が開花していくのを見ることになるのか、二年目のジンクスに陥るのかはもちろんこれからのヤフーの皆さんの頑張り次第になるんだと思いますが。
これからのヤフーが日本のネット業界を爆速でリードし続けてくれるのを期待したいと思います。

あわせて読みたい

「」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  3. 3

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  6. 6

    「日本式の漫画は韓国・中国に惨敗」『ドラゴン桜』のカリスマ編集者が挑む"ある試み"

    PRESIDENT Online

    05月16日 15:26

  7. 7

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  10. 10

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。