記事
  • ロイター

前場の日経平均は小幅続伸、29年ぶりに2万6000円回復


[東京 17日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比6円48銭高の2万5913円41銭となり、小幅続伸。前日の米国株式市場が上昇したことを受け、買い優勢の展開となり、立ち会い時間中としては1991年6月3日以来、29年ぶりに2万6000円を回復した。

ただ、これまでの上昇で高値警戒感が強くなっているため、徐々に伸び悩む展開となり、一時マイナスに沈む場面もあった。

16日の米国株式市場は主要3指数が続伸し、S&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJT>は終値での最高値を更新した。新型コロナワクチンに関する新たな明るいニュースが追い風となった。

バイオ医薬大手のモデルナ<MRNA.O>は16日、新型コロナワクチンの後期臨床試験(治験)で94.5%の効果が確認されたとする暫定結果を発表した。前週に有効率が90%を超えたと発表したファイザー<PFE.N>のワクチンとともに、安全性が確認され規制当局の承認が得られれば、米国では12月中にも2種類のワクチンの緊急使用が始まる可能性が出てきた。

これらを受けて、日本株は前日までの好地合いを引き継ぐ形で上伸した始まった。ただ「急ピッチな上昇に対する過熱感が生じており、短期的にはいつ調整しても不思議ではない」(野村証券・エクイティ・マーケットストラテジストの澤田麻希氏)との声が聞かれる。2万6000円回復による目標達成感もあり、日経平均は一時マイナスに沈むなど前場中盤から伸び悩んだ。

TOPIXは0.26%安で午前の取引を終了。前場の東証1部の売買代金は1兆2929億6900万円だった。東証33業種では、空運業、保険業、鉱業などが上昇し、精密機器、情報・通信業などの下落が目立つ。

個別では、東京エレクトロン<8035.T>が上値を追い連日の最高値更新となった。指数寄与度が大きいファーストリテイリング<9983.T>も続騰して始まったが、徐々に値を消す展開となり、ソニー<6758.T>など主力株にも安くなる銘柄が多い。

東証1部の騰落数は、値上がりが581銘柄、値下がりが1520銘柄、変わらずが74銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。