記事

米モデルナのワクチン、有効性95%の初期結果 新型ウイルス

ジェイムズ・ギャラガー、保健・科学担当編集委員

Getty Images

米バイオテクノロジー企業モデルナは16日、開発中の新型コロナウイルス感染症COVID-19の新たなワクチンについて、95%近い有効性を示す初期結果のデータが得られたと発表した。

新型ウイルスのワクチンをめぐっては、米ファイザーが同様の結果を発表したばかり。モデルナの発表で、ワクチンが世界的流行(パンデミック)を終わらせる確実性が高まることになる。

両社とも、高度に革新的で実験的な手法によってワクチンを開発した。

モデルナは「素晴らしい日」だとし、数週間以内にワクチンの使用許可を申請する予定だと述べた。

ただ、今回はまだ初期データであり、重要な疑問が残ったままになっている。

<関連記事>

どれくらい有効?

臨床試験(治験)はアメリカで3万人が参加。半数にはワクチンが2回、4週間空けて投与された。残りの半数は偽薬が接種された。

今回、COVID-19の症状が出た95人について分析した。

その結果、ワクチンが投与されたのは5人だけで、90人は偽薬が与えられていた。モデルナは、ワクチンが94.5%の人を守っているとしている。

COVID-19の重症を示した人は11人いたが、ワクチンが投与された人は含まれていなかったという。

モデルナのタル・ザクス最高医療責任者は、「全体的な有効性は際立っている(中略)素晴らしい日だ」とBBCニュースに話した。

同社社長のスティーヴン・ホーグ博士は、結果を知った時、「しばらく満面の笑顔になった」という。

ホーグ氏は、「今回のワクチンがCOVID-19の予防で94%の有効性がみられるとは誰も真剣に期待していなかった。本当に驚くべき結果だ」とBBCニュースに語った。

いつ接種できる?

それは、世界のどこにいて、何歳なのかによる。

モデルナは数週間以内にアメリカの規制当局に申請するとしている。同国で2000万回分のワクチンを供給できるとみている。

同社は来年、世界中で最大10億回分を供給したいとしており、他の国々にも許可を求めていく予定だ。

日本政府はモデルナから、5000万回分のワクチンの供給を受けることで合意している。

不明なことは?

免疫がどれほどの期間、効果を保つのか、まだわかっていない。その答えを得るためには、治験ボランティアをもっと長い時間、追跡調査する必要がある。

COVID-19の死亡リスクが最も高い高齢者グループに対し、いくらかの予防効果があることは示されている。ただ、完全なデータはない。

モデルナのザクス氏は、これまでのデータから、年齢によってワクチンの「効果が失われるようには見えない」とBBCに話した。

ワクチンが重症化を止めるだけなのか、それともウイルスの拡散を止めるのかも不明だ。

これらの疑問は、ワクチンの使い方にも影響を及ぼすことになる。

副反応はある?

安全性に対する深刻な懸念は報告されていない。だが、パラセタモール(鎮痛剤)を含め、どんなものも100%安全ではない。

ウイルスを投与した患者の一部は、一時的なだるさや頭痛、体の痛みなどを訴えたという。

英インペリアル・コレッジ・ロンドンのピーター・オープンショー教授は、「そうした作用は、効果があり、望ましい免疫反応を引き起こしているワクチンに見られるものだ」と話した。

ファイザーのワクチンとの違いは?

どちらのワクチンも、新型ウイルスの遺伝子コードの一部を投与することで免疫反応を起こす、という手法は一致している。

これまでの初期データは、両方ともそっくりだ。ファイザーと独ビオンテックが共同開発中のワクチンは約90%、モデルナは約95%の予防効果がみられている。

しかし、どちらも治験は続いており、最終結果は変わる可能性がある。

モデルナのワクチンは保存が比較的簡単なようだ。マイナス20度で6カ月間まで安定した状態を保てる。標準的な冷蔵庫でも最長1カ月間保存できる。

一方、ファイザーのワクチンは、マイナス75度近い超低温での保存が必要だ。ただ、冷蔵庫でも5日間は保存できる。

ロシアで開発されたワクチン「スプートニクV」も、最初期データで92%の有効性があるとされている。

どう作用する?

モデルナが開発した「RNAワクチン」は、新型ウイルスの遺伝子コードの一部を体に注射する。

体内でウイルスのタンパクが作られるが、完全なウイルスは作られない。これにより、免疫システムが、ウイルスの攻撃に対して訓練できるようになる。

訓練によって、抗体と、T細胞と呼ばれる免疫システムの両方が、新型ウイルスと戦えるようになる。

いつCOVID-19は終わる?

1週間以内にファイザー、モデルナ、ロシアから良い結果が示されたことで、パンデミックを終わらせる可能性は飛躍的に膨らんだ。

最初の結果が出る前は、ワクチンの有効性はせいぜい50%程度だろうとみられていた。しかし、そうした見方は吹き飛んだ。ワクチンが開発可能になっただけでなく、強力な効果がありそうだとわかってきた。

これまでのデータは、他の開発中のワクチンについても、成功への期待を高めるものとなっている。だが、問題の1つが解決に向かう一方で、別の問題が持ち上がっている。

世界中の何十億人という人々に実際に接種するのは、途方もない難題だ。

専門家の一部は来春までに平常が訪れると主張し、別の専門家らは来年の冬までかかるとの見方を示す。この先、長い時間がかかると考える専門家もいる。

その答えは、各国がいかに素早く、「薬瓶の中の希望」を人々に届けられるかにかかっている。

どう受け止められている?

インペリアル・コレッジ・ロンドンのオープンショー教授は、「今回のモデルナのニュースは非常に興奮するもので、数カ月以内に優れたワクチンを選択できるようになるという楽観的な見方を大幅に強めるものだ」と話した。

同教授はまた、「報道発表よりも完全な詳細情報が必要だが、今回の発表で楽観的な雰囲気が高まる」とした。

英オックスフォード大学のトルーディ・ラング教授は、「新たなワクチンに、先週ファイザーから発表されたのと似たような有効性の結果が見られたのは、非常に良いニュースだ」と述べた。

「今回の発表は中間分析であり、ワクチンを投与されたボランティアたちに統計的に有意なケースが確認されたことと、誰がワクチンを投与され、誰が偽薬を投与されたかを見定めるために、開発チームの目隠しを解くことを意味する」

国際研究機関・感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)を率いるリチャード・ハチェット博士は、「モデルナの結果はこれ以上望めないものであり、期待を非常に高めるものだ」と評価した。

(英語記事 Moderna Covid vaccine shows nearly 95% protection

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。