記事

突撃隊が跋扈したワイマール共和国時代のドイツのような社会不安に包まれるギリシャ

ギリシャ議会はトロイカから315億ユーロの救済を受けるために必要な、財政緊縮法案の投票を間もなく行います。

現時点での予想では僅差で可決されるだろうと思われています。

ギリシャ議会の外ではデモ隊が警察隊と衝突しています。近年、何度となく繰りさえされてきた光景が再びアテネに戻ってきたわけです。

ギリシャでは最近「裕福層がスイスに秘密口座を持ち、脱税している」という報告書の存在に大衆の関心が集まっています。この報告書の存在はもともとラガルド現IMF専務理事がフランスの財務相時代に、彼女のところへタレコミの目的で持ち込まれたもので、この報告書の存在をラガルドが指摘した際は、彼女に個人攻撃が行きました。

しかし現在はギリシャ国民の攻撃の矛先は同国の裕福層へ向いています。

ウォールストリート・ジャーナルはギリシャでは一部の若者が突撃隊スタイルの暴徒と化ていると報告しています。アントニス・サマラス首相は「現在のギリシャは、まるで極右と極左が街頭で抗争を繰り返した、ワイマール共和国時代のドイツのような様相をていしている」と訴えています。

これとは別に今日、欧州委員会は欧州経済予想(European Economic Forecast)報告書を発表しています。それによると欧州経済は金融市場の面では平穏になっていますが、経済そのものはさらに悪化しており、2012年のギリシャのGDP成長率は-6%を記録すると予想されています。
リンク先を見る

ギリシャの失業率は23.6%です。
リンク先を見る

ギリシャの個人消費はGDPの74.6%で、公的部門の消費は17.4%です。そのどちらもこのところ毎年、前年比で緊縮しています。
リンク先を見る

ギリシャでは経済学者がインターナル・デバリュエーションとよぶ、賃金の下落による輸出競争力の是正が進行している最中です。このため単位労働コストは年々下落しています。
リンク先を見る

しかしギリシャは通貨€のメンバー国なので、通貨のデバリュエーションは、ありません。そのためインターナル・デバリュエーションだけでは輸出競争力の回復はなかなか実現しないのが実情です。
リンク先を見る

なお上のグラフでギリシャの輸入が前年比で大きくマイナスになっているのは不景気と賃金カットで消費が落ち込んでいる事が原因です。

ギリシャの経常収支は赤字です。
リンク先を見る

財政収支は冒頭に述べたように立て直しの途上にあります。
リンク先を見る

ギリシャ政府の負債はGDPの176.7%です。
画像を見る

あわせて読みたい

「ギリシャ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  6. 6

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  9. 9

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  10. 10

    日本版CDC創設を阻む厚労省の罪

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。