記事

解散、あるかもしれません。

何かというと解散、解散と騒ぐのが政治家でありマスコミ。

今年も何回も騒がれて来たが、つい先日まで、諸事情考えると解散は当分ないな、と思っていた。

しかし、来年1月はあるかもしれない。

なぜなら1月8日召集が取り沙汰されているから。このコロナ禍で、わざわざ例年より2週間も早く召集するのであれば、それは理由があるからだろう。

バッハ会長が来日されてオリンピック開催に意欲を示されているが、感染状況がどうなるのかは予断を許さない。総理はBプランとして開催断念も当然想定されているはず。リスク回避の観点から見れば、オリンピック消滅という陰気くさい中で任期満了追い込まれ解散はさすがの菅総理も嫌なはず。

そうであれば、1月しか途はない。

ただし、この第3波と言われている陽性者数の増大が、陽性者数だけにとどまらず、重症者数の拡大を伴って医療機関が逼迫し、緊急事態宣言を検討しなければならない事態になれば話は別。

東京都の陽性者数推移をみると、収まってきそうな雰囲気はあるものの、もう少し様子をみないと帰趨は定かではない。

いずれにしろ、なるようになるしかならないし、じたばたしても始まらない。

戦略を練り、備えをして、人事を尽くして天命を待つしかない。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。