記事
  • ロイター

ロシアのコロナワクチン、凍結乾燥粉末に加工へ 輸送問題解消


[モスクワ 16日 ロイター] - ロシアの国立ガマレヤ研究所が開発している新型コロナウイルス感染症ワクチン「スプートニクV」について、ロシア直接投資基金(RDIF)のキリル・ドミトリエフ総裁は16日、来春までに製造を凍結乾燥粉末に加工したものに切り替えると明らかにした。超低温での保存が必要なくなるため、途上国などへのワクチン輸送が円滑に行える可能性がある。

ドミトリエフ総裁は「来年2月頃から凍結乾燥ワクチンに切り替える。製造の大部分がこの形式になる」と述べた。

凍結乾燥されたワクチンは通常の冷蔵庫の庫内の温度である2─8度で保存が可能。スプートニクVの感染を防ぐ有効性は92%であることが示されているが、ドミトリエフ氏によると、凍結乾燥されたものも同水準の効果が確認された。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。