記事

トランプ陣営の選挙ボランティアに1年潜入 衝撃レポート

10月17日、ミシガン州マスキーゴンで行われたトランプ集会にボランティアとして筆者が参加

 トランプかバイデンかではなく、トランプかトランプ以外か……今回の大統領選は、「トランプ現象」への信仰と抵抗のぶつかり合いだった。今後より激しくなるであろうその「衝突」を、ジャーナリストの横田増生氏は内側から見ていた。1年前にアメリカへ渡り、大統領選について発信してきた彼は、密かにトランプ陣営の選挙ボランティアとして働いていたのだ。横田氏による、衝撃の潜入レポートをお届けする。

【写真6枚】赤のタイトなノースリーブ姿、赤Tシャツ「TRUMP」と書かれたキャップ姿、黒Tシャツ姿の女性トランプ支持者。他、米国内の支持者たちも

 * * *

訴訟準備を手伝う

 ミシガン州都ランシングで借りているアパートから、共和党のボランティア活動に参加するため、車を走らせたのは選挙当日、11月3日の午後8時前のこと。ラジオが、トランプがフロリダ州を取る見込みである、と伝えているのを聞いて、長い夜になりそうだ、と思った。

 目的地は、州議事堂から歩いて5分のところにあるイベント会場。前日、私がメールで登録したのは「Election Day Operation War Room」というボランティア活動。強引に日本語に訳すのなら「選挙当日作業戦争室」とでもなるのか。午前6時半から翌4日の午前零時までの時間を4つの時間帯に区切りボランティアを募集していた。1日3回の食事も支給される。しかし、具体的に何をするのかまでは書いてない。

 ボランティアの集まる部屋は、イベント会場の隣にあるホテルの一室にあった。30人ほどが座れそうなスペースに、10人ほどのボランティアがいた。ベスという60代のボランティアの女性が説明してくれた。

「ここでは投票現場で不審な投票行動について、共和党が送りこんだ監視員(poll challenger)から、専用アプリを使って電話を受けるの。その内容を報告レポートに書き込んで、隣室で待機している弁護士に渡して、弁護士が訴訟を起こすなりの手段を講じるのよ。私? 正午過ぎから来ているから、もう帰ろうかと思っているわ」

 ボランティアの隣の2部屋に弁護士が待機しているのだ、という。総勢で何人の弁護士が詰めているのかは不明だったが、選挙当日から法廷で戦う気満々である。8時半を過ぎると、そのグループを仕切っている40代の男性がこう言った。

「電話も一段落したようですので、勝利パーティーの会場に移ってください」

 ベスと一緒にいた女性が尋ねた。「勝利パーティーって、どんな感じなの」

 男性が答えた。「勝った時には天国のような場所だけど、負けたら地獄みたいになるよ」

 それはおもしろいと思い、パーティー会場に足を向けた。

 選挙当夜、トランプが大票田であるテキサスとフロリダを取る見込みだ、と報道されていたことから、最終的にはトランプが2016年に民主党から僅差で奪いとった、ペンシルベニアとウィスコンシン、そしてミシガンの行方が勝敗を決すると考えられていた。とくに、ペンシルベニアでの集計には3、4日かかると事前にいわれていたことから、選挙当夜に決着がつくというシナリオには現実味が薄かった。

 私は昨年12月、アメリカ大統領選挙を取材するために、ミシガンのランシングに部屋を借りて全米を取材して回ってきた。それと並行して、ミシガン共和党で、戸別訪問をしてトランプへの投票を呼びかけるボランティアとして働いてきた。

 なぜ、ミシガンなのか。

 それは、トランプが2016年、最小僅差で勝利を収めた州だった。トランプの再選には、ミシガンを死守する必要があった。逆に、民主党候補者が大統領になるには、是が非でもミシガンを奪還する必要があった。2020年の選挙で最重要州になるという読みだった。

 なぜ、共和党事務所でボランティアなのか。

 それは、2020年の選挙が、トランプの信任投票という意味合いを色濃く帯びると見込んだからだ。そのトランプの選挙を支援する人たちと知り合い、さらにはトランプ支援を求めて戸別訪問をして、たくさんの有権者の声に耳を傾けることで見えてくるものがあるはずだ。何かを深く知りたいのなら、相手の懐深くに潜り込め。これまでの取材で身についた手法である。選挙日前までに、私が訪問したのは1000軒を超えた。

赤い帽子の魔力

 ボランティア初日となった3月5日、いきなり熱烈なトランプ応援団に出会った。私がおっかなびっくりドアの呼び鈴を押して回っていると、2匹のセントバーナードと一緒にジョン(59)が出てきた。

「何だって、ミシガン共和党のボランティアだって。そこに座って待っていてくれ」と、玄関先にあったイスを指さす。すぐに戻ってきたジョンが手に持っていたのは、赤い帽子。「President Trump 2020 Keep America Great」と刺繍してある。

「最近、この帽子を20個買って、いろんな人に渡しているんだ。あんたにもやるよ。オレは、共和党員ではなく、無所属だな。今でも、自動車産業で働いているんだ。昔、組合の委員長もやった時には、民主党にも投票した。2008年にはオバマに投票した。けれど、クリスチャンであるオレにとって一番大切な政策は、中絶の是非についてなんだ。中絶はどうしても認められない。トランプは、これまでで最も中絶に反対している大統領だから応援しているんだ。それに息子は今、陸軍に入っているんだよ。トランプは、予算をつけて軍隊を立て直してくれただろう。2016年にもトランプに投票したし、今年も投票するよ」

 熱くて、陽気なトランプ支持者だった。

 私はその日から、もらった帽子を被ってボランティア活動を行なった。なぜなら、その帽子を見るだけで、人は私がだれで、何をしているのかを、おおよそ把握するからである。

 日本と違い、車社会のアメリカでは、住宅地で人が歩いていること自体が珍しい。見知らぬ顔だと不審者とも思われかねない。とくに、アジア人であるため、悪目立ちしかねない。しかし、トランプの赤い帽子があれば、人は「なるほど、トランプのボランティアが歩いて回っているのだろう」と納得してくれるのだ。

 旗幟鮮明であるがため、トランプ支持者からは歓迎され、民主党支持者から罵倒されたり、詰め寄られたりするのだが、まずはトランプ支持者の話から始めよう。

 私が家を訪ねようとすると、シャフィーク(39)という白人男性は、家から出てきて、ピックアップトラックに乗り込むところだった。

「今は時間がないけれど、君が被っている帽子は好きだよ。そうだ。トランプに投票するよ。絶対にね」と言って、車で走り去った。

 白人男性のリン(75)は、「妻とともに長年の共和党員で、今年もトランプに必ず投票する」と言った後で、「あなたの両手は、神から与えられたんだ」と付け加える。

 玄関に星条旗を掲げていたフィリップ(65)は、バーベキューの用意で忙しい、と言いながらも、こう話してくれた。

「あんたと同じで熱烈なトランプ支持者だよ。これからそんな仲間2人と一緒に、バーベキューをやるんで準備をしてるんだ。我が家の周りは、民主党支持者が多くて嫌になる。そんなご近所さんより、気の合う仲間同士の方が、飯も酒もうまいだろう」

 ハリー(73)という白人男性の家を訪ね、アンケートを取り始めようとしたところ、ウォルターと名乗る40代の息子が、私たちの間に割り込んできた。

「なに、ミシガン共和党のボランティアだって。ならば、オレがアンケートに答えてやるよ」

 私と同じような赤のトランプの帽子を被り、迷彩色のTシャツにもトランプの文字が入っていた。私のアプリにその息子の名前は見つからなかったが、父親の代理ということで、アンケートを始める。

「もちろん、トランプを支持するよ。投票方法だって? 選挙日当日に自分で投票するに決まっているじゃないか。郵便投票なんて不正の温床だって、トランプも言っているだろう。あれはダメなんだ。オレは共和党員じゃない。無党派としてトランプを支持しているんだ。なぜかって? トランプはこの3年間、オレたちみたいな労働者のために、多くの約束事を果たしてきてくれたからだよ。経済状態は最高だろう。株価も右肩上がりだ。白人ばかりか、黒人やアジア系の失業率も史上最も低いんだぜ。大統領選で、トランプが苦戦なんて言っているメディアもあるが、そんなのは全部フェイクニュースだ。オレたちにすれば、トランプには、どうしたってもう4年間、大統領をやってもらわなければならないんだよ」

 終始にこりともせず、こちらを値踏みするような視線を外さず話し続ける。強烈なトランプ支持者でありながら、猜疑心の強さがにじみ出ていた。

◆横田増生(ジャーナリスト・Support by Slow News)

【プロフィール】

横田増生(よこた・ますお)/1965年、福岡県生まれ。アイオワ大学ジャーナリズムスクールで修士号。1993年に帰国後、物流業界紙『輸送経済』の記者、編集長を務め、1999年フリーランスに。2020年、『潜入ルポ amazon帝国』(小社刊)で新潮ドキュメント賞受賞。他の著書に『仁義なき宅配』『ユニクロ潜入一年』など。

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。