記事

通常国会1月8日召集なら冒頭解散の可能性が大、ということでしょうね

来年のことを言えば鬼が笑う、などと言うが、皆さん、既に来年に備えて動き始められているはずだ。

もう、来年のことを言っても、どなたも笑わないはずである。
まあ、備えても備えなくても結果は同じようなものかも知れないが、不意を突かれてあたふたするよりも事前に周到に準備してその時を迎えられた方が周りの方は安心されるはずである。

来年の通常国会の召集が1月の下旬になりそうだ、という噂が一時飛び交っていたようだが、今朝は、通常国会の召集は1月8日になりそうだ、などという話がSNSを通じて飛び込んで来た。

コロナ次第なところがあるが、コロナ対策を何もしないでこのまま年末を迎えるはずはないから、コロナ感染者の爆発的増加は何とか免れるのではないか。
ゼロには出来ないが、何とかアンダー・コントロールの状況を現出することが出来れば、菅さんの解散権の行使が事実上封じ込められることはない。

日本学術会議問題は未だに解決の目途が立っていないようだが、それでも菅内閣や自民党の支持率は高止まりしているようだから、この先自民党関係者に大きな不祥事でも起きない限り、自民党や公明党の中から解散に強硬に反対する声は上がってこないはずである。

社民党所属の衆議院議員もどうにか立憲民主党への合流が認められそうだから、野党各党も来るべき衆議院選挙に対する備えはそれなりに出来ているようだ。

RCEPの調印は、約8年掛けてようやく辿り着いた大きな成果だ、などと誇れるようになるだろうから、菅内閣としては、自分たちは国民のために働く内閣、仕事師内閣だと十分アピール出来るだろう。

菅内閣に多少の疵があることは否めないが、しかしこういう状況を総合的、俯瞰的に考察すれば、菅さんが来年1月に衆議院の解散に踏み切っても世論の大きな反発を受ける虞は極めて低い。

多分、今日あたり来年の東京オリンピック開催についてGOサインが出るはずである。

いよいよだろうな、と思わざるを得ない。

あわせて読みたい

「通常国会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。