記事
  • ロイター

独経済、今後3カ月の景気後退リスクやや上昇=IMK

[ベルリン 15日 ロイター] - ドイツのマクロ経済政策研究所(IMK)が15日に公表した月次指数によると、ドイツ経済が向こう3カ月にリセッション(景気後退)に陥るリスクは上昇した。ただ、比較的低水準にとどまっている。

ドイツでは新型コロナウイルスの感染第2波により、飲食店やスポーツジムが閉鎖されているが、学校や小売店は通常通り。

ドイツ経済が11─1月にリセッション入りするリスクを示す指数は、10月の12.6%から17.7%に上昇した。ロイターが公表前のデータを確認した。

11月の指数には、工業製品の海外受注状況などを示す経済指標に加え、金融市場動向を示す指数などが反映されている。

第3・四半期のドイツ経済は、過去最高の8.2%のプラス成長を記録した。9.8%落ち込んだ第2・四半期から力強く回復した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    立ち食いやきそば コロナで閉店

    田野幸伸

  4. 4

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  5. 5

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    秋篠宮さまにみる結婚反対の本音

    女性自身

  10. 10

    無策の菅政権「日本危なくなる」

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。