記事

宮迫博之が告白「テレビ復帰するならアメトーーク!で」

YouTubeを中心に活動する宮迫博之が今の胸中を語る

「闇営業問題」で吉本興業を退社して1年半。テレビから姿を消した「雨上がり決死隊」の宮迫博之(50)は、活動の場をYouTubeに移した。今後コンビはどうなるのか。宮迫の胸中を聞いた。

【写真5枚】有名キャラなどのぬいぐるみが約10個転がる自宅でインタビューを受ける、鳥や果物プリント柄のスカジャン姿の宮迫博之。アザーカットも

 * * *
 相方(蛍原徹)には少し前、僕の事務所に来てもらって2人で話し合いをしました。「YouTubeを始めるタイミングとか、納得いってないことはたくさんある」と苦言を呈されましたね。僕は「芸能界に戻れる状況を(自分で)必ず作る。YouTubeを頑張りながら、そこに辿り着くから待っていてほしい」と伝えました。

 相方の本心は、僕が吉本と話し合い、復帰の環境が整うまでおとなしくしていてほしかったんじゃないかな。でも僕は性格的に止まっていられるタイプじゃない。相方もそれが分かっているから、どこかで諦めていた部分があったんだと思います。

「雨上がり決死隊」は、僕のわがままを相方が懐深く受け止めてくれる形でやってきた。今回もたくさん迷惑をかけて、それでも解散せずにいてくれる相方には感謝しかない。だからこそ、コンビとして再び活動をできる状況を一日も早く作りたい。

 テレビ局は吉本に対して“忖度”があって、「宮迫を出演させて怒られたらどうしよう」という不安があるのでしょう。吉本芸人と番組をやっている人は、いまだに僕との共演はNGだったりするようですし。

 そんな状況でも、「極楽とんぼ」の加藤浩次さんをはじめ、連絡をくれる吉本の芸人仲間には、感謝しています。「ロンドンブーツ」の田村亮ともたまに連絡を取っています。彼もYouTubeをやっているので、そのチャンネルで対談したいと言ってくれた。

 実際のところ、テレビの出演オファーはゼロではなくて、凄くいいオファーを何件か頂いていました。でも、復帰するなら『アメトーーク!』(テレビ朝日系)だと考えていたので、ありがたい話だったのですが、お断わりしました。『アメトーーク!』に再び出るために、これからテレビ局とも話し合いの場を増やしていけたらと思っています。

●聞き手/赤石晋一郎(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号

あわせて読みたい

「宮迫博之」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。