記事

アメリカ大統領選挙の結果は日本の政局には影響しない

オバマ大統領が敗れれば激震が走っただろうが、オバマ大統領の再選が決まったところで日米関係は当面現状維持ということになる。
アメリカは静観を決め込むだろう、日本に深入りすることは止めるだろう、早く政権交代が起きて安定政権が出来るのを待つだろう、ということだ。

民主党政権になって日本とアメリカとの間に隙間風が吹き始めたことは否めない。
日本とアメリカの紐帯を強化するような政策はこの3年余りの間一度も取られていないはずである。
鳩山元総理は普天間基地移設問題とトラストミー発言でアメリカとの信頼関係の基盤を傷つけてしまったし、菅前総理は普天間基地移設問題について何らの解決策も見出せないままに政権の座から降りざるを得なかった。
東日本大震災とこれによる巨大津波による甚大な被害、東京電力福島第一原子力発電所の爆発事故による放射能の拡散被害などがアメリカ側の要人の脳裏に刻み付けられてしまっただろうから菅内閣の時代に日本とアメリカとの間の紐帯が強化されたということはないはずだ。

鳩山、菅の両内閣の時代は親中の小沢氏が民主党の実権を握っていたから、比喩的に言えばこの間日本とアメリカの間の距離は広がる一方だったと言ってもいい。

野田内閣は親中の小沢氏とは終始一線を画しついには小沢氏を離党に追い込んだのだから、それだけアメリカには近づいたようなものだが、現実には何も手を打っていない。
何もしないのが野田内閣、何もしないまま、ただ漫然と政権の座に座り続けているのが野田内閣だと言えよう。
何もしない、何も決められない野田内閣だから、アメリカとしてはただじっと見ているしかなかった、というところだ。

アメリカの大統領選挙がオバマ大統領の再選に終っても日本とアメリカとの間は現状維持だろうと言うのは、そういう意味である。
何も生み出さない、という意味で日米関係は当分の間不毛である。

何をやっているんだか、ということになるが、何もやっていない。
外務大臣の影も薄いはずだ。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  3. 3

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  4. 4

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  9. 9

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  10. 10

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。