記事
  • S-MAX

小さく可愛く高性能でお手頃価格!Appleの“いいとこ取り”な5G対応スマホ「iPhone 12 mini」をファーストインプレッション【レビュー】

1/2


iPhone 12 miniを開封レビュー!

既報通り、Appleが11月13日に5Gに対応した新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 12 mini」および「iPhone 12 Pro Max」を発売しました。

この2モデルは10月23日に先行して発売されていた「iPhone 12」および「iPhone 12 Pro」のシリーズ機種であり、iPhone 12 miniはiPhone 12と同等の性能で小型化されたモデル、iPhone 12 Pro MaxはiPhone 12 Proよりもさらに高性能なカメラ機能や大画面を搭載した最上位モデルという位置付けです。

今回、これらのうちのiPhone 12 mini(256GB/グリーンモデル)を購入しましたので、開封レビューやファーストインプレッション、さらに旧機種からのデータ移行などについて紹介したいと思います。

iphone12mini-002
iPhone 2020年モデルは何が変わった?

■温故知新なスクウェアデザイン

まずは開封です。今年のiPhoneは外箱からすでに例年と様相が違い、とても薄くなりました。その理由は充電用ACアダプターやEarPods(イヤホン)が別売りとなったことです。

これらを別売りとした主な目的はコスト削減ですが、iPhoneシリーズも今年で13年目を迎え(日本で発売されてから12年)、長年iPhoneシリーズを使い続けている人は買い換えるたびにACアダプターやイヤホンが増えていくという状況でもあったため、同梱されないほうが嬉しいという人も少なくなかったのではないかと思います。

iphone12mini-003
薄く小さくなった外箱

開封すると、中にはiPhone 12 mini本体、通信・充電用ケーブル、取扱説明書、SIM用ピンなどが入っています。

相変わらずコンパクトな梱包になっており、シリーズ中一番小さなiPhoneということもあり、箱の中身までぎっしりと詰まっている印象です。

iphone12mini-004
今回は取扱説明書が入った薄いケースが本体の下に収納されているため、箱を開けるといきなりiPhoneとご対面することに

iphone12mini-005
本体を取り出すと、下に取扱説明書と通信・充電用ケーブルが入っている

iphone12mini-006
ただでさえシンプルだった取扱説明書はさらにシンプルになり、今までの半分のサイズに

いよいよ本体のレビューです。

iPhone 12 miniはその名の通りシリーズ中最も小さく最も軽い機種です。本体サイズは幅64.2mm×高さ131.5mm×厚さ7.4mm、重量133g。筆者はこれまでiPhone 11 Proを使用してきましたが、こちらは幅75.7mm×高さ150.9mm×厚さ8.3mm、重量188gだったため、ニ周りほど小さくなった印象です。

そして何より最大の特徴はデザインの刷新でしょう。iPhone 6以来、背面から側面、前面へと流れるように丸みを帯びたラウンド形状が採用されてきましたが、今度のシリーズはiPhone 4からiPhone 5Sまでのシリーズを彷彿とさせる、角張ったスクウェアデザインへと回帰しています。

しかし、これは過去のデザインへの回帰というよりも最新のiPad ProやiPad Airで採用されているデザインに統一したというのが実態であるため、iPhone 5Sまでの機種を使用していた人には懐かしく、その世代のiPhoneを知らない人には最新のデザインとして受け入れられる、絶妙なデザインでもあります。

iphone12mini-007
サイドが「立っている」ため、画面がより広く感じられる

iphone12mini-008
iPhone 12 mini(左)とiPhone 11Pro(右)の比較

iphone12mini-009
スクウェアデザインとラウンドデザインは、人によって好みが大きく分かれるところだ

本体の質感ですが、端的に表すならば「とても美しく可愛らしい」の一言に尽きます。筆者が選んだグリーンカラーの淡い色合いがそのような印象を強くしていますが、光沢感を抑えたマット加工のサイドパーツとツライチ感の強い背面および正面のガラス質のコントラストが美しく、とくに背面はキャンディのような艶と透明感があり、可愛らしさを強調しています。

iPhone 11 Proはサイドパーツの光沢感が強く背面が擦りガラス状であり、iPhone 12 miniとは真逆の質感です。これはiPhone 12 ProおよびiPhone 12 Pro Maxでも同様で、普及価格帯のシリーズとハイエンドであるProシリーズとの差別化の意味があります。

どちらも甲乙つけがたい美しさですが、iPhone 12 miniの場合、シリーズ最安となる価格帯の機種でもあるため、よりカジュアルさとポップさを感じさせるデザインとして非常に見合っているように感じます。

iphone12mini-010
サイドパーツはアルミ合金製。マットな質感が落ち着いた印象で安っぽさを感じさせない

iphone12mini-012
アルミとガラスの質感の違いが美しい

実際に手に持ってみると、その小ささに感動します。これまでスマートフォン(スマホ)はiPhoneシリーズに限らず大型化の一途を辿り、今や6インチ前後が当たり前で7インチに迫るほど巨大なスマホも売れ筋製品にランクインするほどです。

そのため、「5Gスマホとして世界最小最軽量」を謳う本機でもディスプレイサイズは5.4インチもあり、数字としては決して小さな機種ではありませんが、それでも他社製スマホよりも大幅に小さな印象を与えるのです。

64.2mmという幅は実に手によくフィットする大きさで、大型化によって片手操作が難しくなっていた昨今のスマホと違い、片手でのフリック入力や画面操作が非常に快適に行なえます。

もちろん手の大きさは個人差が大きいためすべての人にオススメできるサイズではありませんが、iPhone 11やiPhone Xシリーズなどを使っていて少し大きいと感じていた人なら、間違いなく納得できるサイズ感でしょう。

iphone12mini-011
ディスプレイサイズは十分な大きさを確保しつつ、スクウェアデザインによって小型化を果たしたiPhone 12 mini

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。