記事

ここは、よくぞ踏み止まった、と福島瑞穂さんにエールを送っておこう

世が世なら日本最初の総理大臣になったかも知れない福島瑞穂さんである。
いくら社民党が次の衆議院選挙で当選者を出すことが難しいということが分かっていても、さすがに立憲民主党の傘の下に入って選挙戦を戦う気にはなれなかったのだろう。

思ったほどには人気が上がらず、党勢も衰退する一方だったようだが、社民党の掲げる社会民主主義の旗はそれなりの歴史と伝統があり、社会民主党の正統な継承者としての福島瑞穂さんとしては、自分の代で社会民主党の灯を消すわけにはいかなかったのだろう。

福島瑞穂さんをちょっとだけ見直した。

選挙至上主義に走りがちな人たちに、待ったをかけたのだから、大したものである。

社会民主党に残る国会議員は福島瑞穂さん一人になるようだが、それはそれで結構なのではないか。
党大会が4時間にも延びた、ということも決した悪くはない。
怒号が飛び交った、という話も聞こえてくるが、それだけ活発な議論が党大会という開かれた場で展開されたということだから、社民党の組織はそれなりに健全だということだ。

立憲民主党に合流する方々が将来どういう役回りを果されるか分からないが、福島瑞穂さんは社民党の消滅(自滅と言った方がいいかな?)を救った社民党最大の功労者として社民党の歴史に燦然と名前を残すはずだ。

永田町には、こういう人も必要である。

もっとも、その主義主張に賛同することはないが。

あわせて読みたい

「福島みずほ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。