記事

国会記者会館、フリーランスやネットメディアの使用も想定されていた

画像を見る 国有財産でありながら、国会記者会(記者クラブ)が無償で専有し、フリーランスやネットメディアの使用を認めていない国会記者会館(写真)。

 10月31日、「フリーランス連絡会」の事務取り扱いの佐藤裕一さんと畠山理仁さん、筆者の3人は、「国会記者会と同会の佐賀年之事務局長は、3人が国会記者会館に立ち入り、取材することを妨害してはならない」という仮処分を東京地方裁判所に申し立てた。

 11月6日、第1回審尋が東京地裁(福島政幸裁判長)で開かれた。

 国会記者会と佐賀事務局長は答弁書で以下のとおり主張した。

 《国会記者会は、衆議院からの使用承認に基づき(使用貸借契約上の借主に準ずる地位に基づき)、国会記者会館を自ら使用占有し、正当な権限のある使用者として国会記者会館の管理を行っているものである》

 《国会記者会館は、国会記者会が使用占有し管理を行っているものであって、国会記者会の承認なくして自由に出入りすることができるものではない。これまでは、国会記者会に所属する報道機関等の関係者以外の者が出入りすることはほとんどなかったため、国会記者会としても、出入りする人間を逐一確認するなど厳重なセキュリティ・チェックを行っていなかっただけである》

 《反原発抗議活動の高まりを受けて、国会記者会の承認を求めることなく勝手に国会記者会館に入り込む部外者(国会記者会の会員である報道機関の関係者以外の者)が増加したため、国会記者会としては、部外者の出入りが自由でないことを明確にしたものである》

 《国会記者会館に入らなくても、反原発の抗議行動の取材活動はいくらでもできる》

 《国会記者会館は、国会記者会が現に管理している。管理者である国会記者会は、第三者の国会記者会館への立ち入りについて許可するか許可しないかの決定権を有している。この権限の行使は基本的に国会記者会の裁量である》

 《債権者ら(筆者注:佐藤さんと畠山さん、筆者)に、国会記者会の意思に反して、国会記者会が適法かつ正当に管理している国会記者会館に立ち入ることを請求しうる権利は認められない》

 あわせて国会記者会側は1969年3月15日付で知野虎雄衆議院事務総長名の「国会記者事務所の使用について」という文書を提出した。「別紙条件を付して(中略)、本日から使用各社を代表する貴会(筆者注:国会記者会)に管理をお願いする」としている。

 別紙条件の「使用の目的」を見ると、「国会関係取材のための新聞、通信、放送等の記者事務用室」と記載されている。当時、現在ほどフリーランスが活動しておらず、ネットメディアは存在すらしていなかったことも踏まえれば、とうてい両者の使用を禁止する趣旨には解釈できない。

 しかも、こんな条件も付されている。

 「建物の使用目的に鑑み、国会記者会加盟社以外についても衆議院が必要と認めるものは、使用できるものとし、この場合においても国会記者会が運営管理に当るものとする」

 将来、国会記者会加盟社以外が使用することも、あらかじめ想定されていたわけだ。

 国会記者会が国会記者会館をフリーランスやネットメディアに使用させない理由は、7月10日、佐賀事務局長(共同通信社出身)が筆者に話したとおり、「商売上の既得権を守るため」にほかならない。

 次回審尋は11月14日に開かれる。

あわせて読みたい

「ジャーナリズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  2. 2

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  4. 4

    救急医療特集 無難な結論に不満

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  6. 6

    マラソン代表 大迫選出は必至か

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    韓国消える 文政権高官が危機感

    文春オンライン

  8. 8

    二宮和也 3億円新居で結婚決断か

    女性自身

  9. 9

    韓国が戦略石油備蓄の放出検討へ

    ロイター

  10. 10

    デビルマンに凝縮した戦争の真実

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。