記事
  • ヒロ

東アジアの怪、なぜ出生率がそこまで低い?

1/2
日本の出生者数は2019年に86.5万人、特殊合計出生率は1.36となり、日本人の減少化が加速しそうな雰囲気になっています。また2020年は10月に発表された政府見通しで84万人台半ばと前年比約2万人の減少を見込んでいますが、私には甘い見積もりに見えます。というのは2018年から19年の間の落ち込みは5.6万人になっており、率にして6.0%となっています。令和元年生まれが増えるはずではとの期待は全く外れたわけです。

今年が同じように6%も減ったら81.5万人まで減少してしまうのでそこまではないと思いますが、コロナが出生にどのような影響を与えているのか、心配な状況であります。

一方、深刻な人口減に悩んでいるのが韓国で圧倒的な世界最低の特殊合計出生率を誇ります。そのデータを見ると驚愕であります。2019年の出生率は0.92の30.3万人、しかも2020年1-6月の速報値は出生者が14.3万人、前年同期比9.9%減で推移しており、理由は知りませんが、韓国の特性で年の後半には子供が生まれにくいらしく、そうなれば20年の出生者は30万人割れどころが29万人が視野に入ってきます。

更にソウル市だけ見ると2019年の出生率はたったの0.72であります。22世紀には消滅国家として国際機関からも警告が出ていますが、警告されても政治力で子供の数が増えたら誰も苦労しません。

中国も出生率の低下に悩みます。2019年の出生者は1465万人で前年比58万人減で58年ぶりの低水準となっています。中国も都市部の出生率は農村部に比べ低く、東アジア全般に言えるのは都市化が進んだ地域、東京圏、大阪圏、ソウル、上海、香港、マカオ、更に出生率1.05の台湾など非常に頭が痛い状態が続いています。

もちろん人口減は東アジアに限ったわけではなく地球全般的な傾向であり、南欧も日本より低い出生率となっています。ご存じと思いますが、人口置き換え水準は2.1です。つまり父と母から二人生み、かつその子供が病気などでなくなる確率を踏まえると出生率は2.1以上なくてはまずいのです。そんな数字は今では全く到達不能ですがそれでもかつては一人っ子は維持してました。ところが今は「子供がなくてもいい」に変わってきています。

理由は何か、表向きは女性の社会進出や生活の不安定感、教育コスト、住宅問題など主に経済的背景を掲げていることが多いと思います。もちろんそれらは否定しませんが、それにとどまらない何かがあるような気がします。それは人生の価値観ではないかとみています。

あわせて読みたい

「少子化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。